きんこんぶろぐ

大学生の私が日々思うことを綴っていくブログ

サルでもわかる!履修登録講座

・はじめに

 新入生の方は初めまして。その他の方はこんにちは。金こんにゃくです。

今回の記事では、「大学でどんな授業を取ればいいか全く分からぬ……」という去年の私のような人達のために、履修についてざっくりと説明します。

私がピカピカの大学一年生の頃、シラバス? レポート? は?」といった感じで、履修というものの正体がまったく掴めていませんでした。

なので、そこらへんの用語の説明等も踏まえ、大学で充実した勉強も、単位を楽に取ることもできる履修の組み方をお伝えしようと思います。

 

・基本用語解説

 ここでは、大学の履修登録に頻出する用語を噛み砕いて説明します。なんとなくでも理解している人は飛ばしても構いません。

 

シラバス…講義を担当する先生が書いた授業の計画書です。ググると出てきます。毎回の授業の概要、必要な教科書、成績評価の内約など、講義についての内容が詳しく書かれています。その授業がどのようなものなのかを判断する一番の基準になります。

 

レポート…大学では、先生から「〇〇について論ぜよ」や、「〇〇について調べよ」のような課題が出され、それが成績評価の基準になることがあります。この課題がレポートです。レポートを日本語に直訳すると「報告書」です。この名の通り、感想文のように書くのではなく、しっかりとした根拠に基づいて意見を述べなければなりません。

レポートは学期末だけでなく、授業期間の最中にも、しかも場合によっては数回提出が求められることもあるので、そこは要注意です。

文字数としては、1600~2000文字程度の課題がほとんどです。

 

テスト…基本的に、大学のテストも高校のテストと同じような感じです。テストの内容は、自分の意見を書かされる論述式のテストが多いように個人的には感じます。

テストには大きく分けて「授業内テスト」と「定期テスト」の二種類があります。授業内テストは講義の最終回で行われるものです。定期テストは「試験期間」と呼ばれる、講義が行われず、試験のみが行われる期間中に受けなければならないテストのことを指します。

先生によってテストの難しさはまちまちです。口コミを参考にしましょう。

 

申し込み科目…全ての学部が履修することのできる「全学科目」や特定の科目では、少人数で講義が行われるため、通常の履修期間よりも早めに抽選申し込みが始まります。これらを申し込み科目と言います。だいたい楽単です。

 

・履修の決め方

  1. まずは必修科目を確認しよう!

 必修科目とは、読んで字のごとく、必ず履修しなければならない科目のことです。英語や第二言語といった言語科目などがこれにあたります。

これらの科目を落としてしまうと、次の学期や学年でも、同じ科目を履修しなければならない羽目になります。この必修を落とし続けると、自由に授業を決められる余裕がどんどん無くなります。さらに、必修を落とし続けるとゼミには入れない、もっとひどい場合は留年しなければなりません。

必修科目は死ぬ気で単位を獲得(100点満点中60点以上を取る)しましょう。

 

  1. 専門科目を履修しよう!

 専門科目とは、学部や学科ごとの専門的な知識を学ぶ授業のことです。

専門科目はたいていの場合、四年間で履修しなければならない単位数が決まっています。これが足らないと、留年しなければなりません。ですので、必修科目の次に優先的に履修するようにしましょう。

何らかの不条理的なパワーが働いて、自分の望む学部・学科に行けなかった人以外は、自分の専攻している学問にある程度の興味を持っているはずなので、専門科目の勉強は楽しめるでしょう。

 

  1. 教養科目を履修しよう!

 一年のうちはまだ履修できる専門科目の数が少ないので、代わりに自分の見識を広める教養科目を取ることになります。教養科目はだいたい「経済学」だの「心理学」だの、学問の大雑把な名前が教科名になっています。

教養科目は自分の専門と畑違いの学問の概要をわかりやすく知ることのできる珍しい機会です。少しでも興味が向いたらじゃんじゃん履修していきましょう。

教養科目は楽単の場合が多いので、自分の苦手な科目に敢えて挑戦してみてもいいかもしれません。

 

・履修が決まったら 〜その他のアドバイス集〜

 ここまでお疲れ様でした。無事に時間割を決めることができたら、あとは大学の授業が始まるのを待つのみです。

SNSで同じ専攻の人とコンタクトを取るなり、新歓に参加するなり、本を読むなり好きに一週間程度を過ごしましょう。

新学期の最初一週間のスケジュールくらいは確認しておいた方が無難かもしれません。

 

・ある教科が楽単かどうか判断する最高の基準は「成績における出席点の割合」です。

大学では出席が成績に加点される科目が多いです。出席点が50%以上だと、ほぼ100%楽単です。出席点の割合が小さくなるほど単位取得が難しくなる傾向にあります。出席50%レポート50%の科目などは間違いなく楽単です。

逆に、テスト100%の教科はなかなか手応えのある科目が多いでしょう。その代わり、難しい科目ほど授業が充実しているようには思います。

 

・もし、履修した教科が「自分に合わないな」と感じたら、履修変更の時期に科目を変更しましょう。早めに変更しておいた方が後々苦しまずに済みます。

 

一人で授業を受けるのが心細いなら、SNSや新入生オリエンテーション、新歓の時に一緒に受ける人を募っておきましょう。友達と協力することで、レポート課題が楽になるなど、数多くの利益を享受することができます。

しかし、一緒に授業を受けようと募ったその人と馬が合わなかった場合、地獄が生まれるのでその覚悟はしておきましょう。人によっては、最初は一人で授業を受けておいた方が色々捗るかもしれません。

 

・「楽天みんなのキャンパス」というサイトでは、様々な大学の講義の充実度・楽単度が掲載されています。私はこれをめちゃくちゃ参考にしています。もし気になる教科があったら、検索してみてもいいかもしれません。

リンクはこちら→ https://campus.nikki.ne.jp

 

・朝に弱い人は一限に授業を入れるのはやめましょう。もしくは、早起きを習慣にしましょう。大学生活は自由ですが、その分堕ちる人はどこまでも堕ちていきます。社会人になって苦労しないように早起きには慣れておいた方がいいかもしれません。

必修科目が一限に入っていることも結構多いです。そこは踏ん張りましょう。

 

 ・終わりに

 以上で履修登録講座を終わりとさせていただきます。本当にざっくり説明してきたので、至らぬ点も多いとかと思われます。ですので、履修に関する質問をツイッターの方で受け付けようと思います。

金こんにゃく(@_ _O72)のアカウントの方にリプライを飛ばしていただけると、できるだけ早急に質問に答えます。

この履修講座が、あなたの新生活の助けに少しでもなっていただければ幸いです。それでは、ご閲覧ありがとうございました。

 

日記:目指せボカロP

4/2 曇り時々晴れ 

 何事もない素晴らしい日曜日。するべきことは多いのだが、あまりにもそれが積み重なりすぎて、まるでやる気が湧かない。

さらに、西洋人のおっさんに射殺される夢も見たのでテンションも急降下中である。せめておっさんが美少女だったら救いはまだあったのに・・・。

 

 音ゲーをしていると、プレイしたい曲の少なさにイライラしてくる。もっとボカロ楽曲を追加してくれ! と思うのだが、無理なものは無理だ。セガ社員も頑張っている。

だから、最近私は無性にボカロ楽曲を作りたい気分になっている。自分で言うのも変だが、論理が飛躍しすぎな気もする。

大抵、私が趣味を始めるきっかけは不純なものだ。富や名声を求め様々なことに手を出すも、自分の品位を下げる方向へ向かってしまう。そもそも動画作りだって、最初は健全な音MADを作るつもりだったのだ。どうしてこうなった? 

 

 ボカロPになるには、音楽理論の勉強、ソフトの購入、作詞などなど、様々な下準備が必要だ。PVを製作するにあたっては、イラストや曲を売り込む歌い手も必要となってくる。今のボカロの現状じゃ、ある程度有名な歌い手が楽曲を歌ってくれないと、ロクに再生数も伸びないだろう。

作詞はまだしも、作曲となると急にハードルが上がる。音楽分野に全く精通していない私では厳しい世界だ。精進あるのみ。

 

 小難しい単語と、やたら長い英語を組み合わせると、ボカロの楽曲っぽいものが出来上がるということに気がついた。試しに即興で作ってみる。

「水溶性アーキテクト」、「尿路結石ウンウンヘクチウム」、「豊胸発情コンプレックス」。

最後のは同人誌っぽくなってしまった。もし実在したら間違いなく読む。これもしかしたらまともな曲名さえつけらないんじゃないか?

さようならボランティア

4/1 曇り 

 新年度の始まり。関学では理工学部などの入学式があったらしい。

ふと、去年の自分を思い出した。当時、入学式当日に焼肉やボーリングに行っている同級生をツイッターで発見して、非常に焦った記憶がある。しかし、今は普通に大学生活を送れている。入学式からスタートダッシュを決めなくても結局は何とかなるのだ。

新入生にアドバイスを一つするなら、「焦るな」というところだろうか。リア充は焦らなくてもそのうち友達ができるし、コミュ障は焦ってもボロが出るだけだ。流れに身を任せ大学生活を始めよう。きっとなんとかなる。多分。

 

 最近、意識高い系大学生のブログを読むのがマイブームになっている。いかにも「リアルを満喫しています!」といった記事ばかりで、読んでいるとだんだん腹が立ってくるのだが、その感覚がクセになる。

彼らのブログは、日頃私が考えている下劣な物事をドロドロと排泄しているこのブログ、もとい日記とは大違いである。見事に綺麗事ばかりが書き綴られている。「自分に与えられた時間は決まっている」という文面を見た時には思わず吐き気を催した。全く自分とは逆の意見だったからだ。

私は、これから毎日ランニングをしたりして健康に気をつければ、70年後の自分の遺骨を受肉させることができると考えている。要は、自分の行動次第でいくらでも未来は変わると考えている。私たちに時間を与えてくれているという『何か』を信じるくらいなら、私は人間の力を信じる

説明し難い不条理に、いつも人は理由を求めがちである。まあ、いくら頑張っても個人ではどうにもならないこともある。他人の行動なんかはその代表例だ。

やたらと、海外ボランティアに行きたがる大学生もいる。何が彼らを海外に向かわせるのかは分からない。きっとこの類の人たちには、特別な経験を大切にしていたり、人の痛みを自分の事のように感じてしまうような人が多いのだろう。私も緊急時には彼らを頼ることにしよう。

 

 もう一つ、ボランティアについて考えたことがある。

最近、心臓病になった幼児を助けるのに三億円が必要だ、とかいう募金活動が駅でよく行われている。風の噂によれば、幼児の容態が急変したのに、まだ三千万円しか集まっていないらしい。悲しいことだが、間に合わないだろう。

この件を通して私が考えるのは、日本人を助けるコストは高すぎるということである。三億円あればアフリカ人を何千人助けることができるのだろうか。三億円もあれば、飢餓や下痢、マラリアの苦しみから何千人も救うことができるのだ。日本人の赤子一人を助けるコストで、アフリカ人をその何千倍助けることができると考えると、なかなか複雑な心境になる。

これを踏まえると、大学生ボランティアがラオスカンボジアに行きたがるのも分からなくもない。東南アジアの人々はアフリカの人と同じぐらい低コストに救うことができる。より安く、やりがいを感じられるのだ。

 

 私は先月まで、不登校支援のボランティアをしていた。不登校支援は大阪府NPOが主体で行われていた。彼らの努力もあって、私がボランティアとして参加していた施設に通っていた子供達は皆、高校の進学先が決定した。

だが、これから先は分からない。不登校児が引きこもりになってしまう割合は高い。あとは、彼らの生き抜く力を信じるのみである。

少し前、施設の職員から「最悪、子供が生きてさえいればいいと考えている職員もいる」という話を聞いた。バイト風情が語るのもおこがましいが、それほどまでに不登校支援の現状は苛烈であるらしい。この時ほど、人を助ける大変さが伝わってきた瞬間はない。しかしながら、彼らに共感はしなかった。幸か不幸か、人の痛みをダイレクトに感じる能力を私は持ち合わせていなかった。私は臨床心理学の道に進むことを断念した。

 

 現在、難病の幼児はもちろん、不登校児一人助けるのにも多くのコストがかかっている。なぜそのような状況なのかというと、逆説的だが、ひとえに日本が経済的に豊かな国だからである。

この国では致命的な飢えに苦しんでいる人は滅多にいない。なので、飢えた人に国家が支援することはなくなる。その結果、お金ではどうにもならない問題(不登校認知症など)や国家が手を伸ばせない問題(個人の飢え・難病など)が目立つようになる。そこに民間の支援が集中するようになる。しかし、一丁前の国家でさえどうにもならない問題なので、民間にはかなり荷が重い。民間は未だこれらの難問を解決できずにいる。

このような状況に置かれた時、まだインフラさえ整っていない国家特有の『手軽な』問題に目をつける人が出てくる。『手軽な』問題は不登校の問題に比べれば非常にコストパフォーマンスが良い。人手とお金さえあればいくらでも解決できるのだから。結果、『手軽な』他国の問題にパワーが集中する。

決して海外ボランティアに行くことの善悪を論じているのではない。だが、少し、少しだけでも、意識が高い人たちには、この国が抱えるこれらの難問に目を向けて、できれば手助けをしてほしい。

カンボジアに学校を作るうちに、この国では施設不足で不登校支援もろくに行えない現実があることを、介護の現場がこれからさらに、これから深刻になっていくことを知ってほしい。

これらの難問を解くことができるのは経験だけではなく知識も必要となる。先進国で生まれ、一般的には賢い大学に通っている私たちだからこそ、能力を発揮できる領域があるのではないか。人助けの世界から去った私は、意識高い系の大学生にそう問いかけたい。

 

 「君にはもっと経験が必要だ」不登校支援最後の日に、職員から私に投げかけられた言葉だ。

一体何の経験なのかは分からなかった。もしかしたら子供ともっと自然に話すような経験かもしれないし、アフリカにボランティアに行く経験かもしれない。

でも、一番足りない経験は既に分かっている。恋愛経験だ。

日記:世界に架けよう性癖の虹

3/31 曇りのち雨 

 明日から新年度が始まる。この大学一回生で、自分が成し遂げられたことを考えてみた。

体調が悪くなるほどの量の読書を一年間継続できた。動画が作れるようになった。ある程度は女子と話せるようになった。不登校支援をした。何一つ碌なことができていない。読書は私の精神を苛み、そのほかの物事は自身の品位を下げるような結果となってしまった。

来年度はこれらの反省を生かすことができるだろうか? 金こんにゃく先生の来年度にご期待ください!

 

 LGBTPZNという言葉をご存知だろうか? 

LGBTは聞いたことのある人が多いだろう。レズ、ゲイ、バイ、トランスジェンダー(精神と身体の性が異なる人)の頭文字をとって、LGBTである。

では、PZNはどうだろうか。Pはペドフィリア、いわゆるロリコンのことである。Zはズーフィリア、動物性愛者のことであり、つまりはケモナーだ。Nはネクロフィリア、死体を愛する人たちのことである。ペドフィリア、ズーフィリア、ネクロフィリアも紛うことなき性的マイノリティーの人々であり、ヨーロッパなどでは彼らの権利についての活動も始まっている。LGBTの社会的地位さえ守られていない日本では、まだまだこのPZNは異常者として見なされていくことだろう。

非常に悲しいことだが、日本国民の性意識は後進国並みである。だからと言って一気にLGBTPZNを認めましょう! と言うわけにはいかない。少しずつ彼らの足場を踏み固めていくことが大切である。

 

 LGBTPZNという言葉には、この7つの性的嗜好だけではなく、様々な性的嗜好を認めようという願いが込められている。試しにググってみると、凄まじい量の性的嗜好のリストが出てきた。

アルトカルシフィリア(ハイヒールなどの靴で踏まれることに性的興奮を感じる性的嗜好)や、ウロフィリア(尿に性的興奮を感じる性的嗜好)など、変態的ながらもまだ理解できるものもあれば、なレートフィリア(ナレーターに性的興奮を感じる性的嗜好)や、デンドロフィリア(樹木に対して性的興奮を感じる性的嗜好)といった、ちょっとよくわからないものもある。エキシビジョニズム(露出狂)や、バイストフィリア(強姦に性的興奮を感じる)までになると、完全に犯罪である。

さて、性的マイノリティーはどこまで認められるのだろうか。

 

 ここからは完全に個人的な意見だが、性的嗜好も持っているだけで誰も傷つけないのなら、どんな性的嗜好を持ってもいいと私は思う。同性愛者が全員性欲を抑えきれない訳ではないし、異性愛者が全員健全な訳でもないからだ。

たとえ性犯罪が起こったとしても、その原因を真っ先に性的嗜好に求めるのではなく、その犯罪を起こした個人に求めるべきだ。ただし、強姦に性的興奮を感じ、そのことが原因で犯罪を起こしたと認められたのなら、個別の治療は必要となるだろう。

バイストフィリアの人たちがレイプモノのAVを見て、それだけで収まっているなら彼らを罵る資格は私たちには無いはずである。誰かがナレーターの声を聞いて興奮してようが、樹液で興奮していようが、それを止める必要はない。多様な性癖がなじられることのない日本に、世界に一歩一歩進んでほしいものである。イラストで興奮するという、次元を超えたエロを生み出した私たちならできるはずだ。

 

 LGBTPZNは7つのアルファベットでできている。これは多様な性のあり方を象徴する虹に由来している。

虹は傍目に見れば七色だが、実際はスペクトラム状になっており、無限の色で出来ている。これは性癖も同じだろう。

無限の性癖で美しい虹を世界に架けようではないか。

 

 

日記:二十歳の自分への手紙

3/11 曇り 

 東日本大震災から6年。私が13歳になってからも6年。6年という期間で世間の全てが変わってしまった。原発は止まったし、SNSがより普及したし、私の身長も30cm近く伸びた。明日にでも寄付にしよう。

 

 19歳になった。思い返せば、18歳は本当に濃い一年だった。18歳最初の頃の私は自分がこの一年で3000冊以上本を乱読するとは思っていなかっただろうし、動画投稿を始めるとも考えていなかったし、女子とある程度はまともに話せるようになるとは想像できなかった。一年で人は自分の予想以上に変わる。プラスしかりマイナスしかり。

 

 子供の頃に「二十歳の自分への手紙」というものを書いた人はおそらく多いだろう。たいていの人は、卒業アルバムの後半に載っていたりするのかもしれない。

あいにく、私の小中学校にそのような風習はなかったので、私は未来の自分に一回も手紙を書いたことがない。

なので、今書こうと思う。二十歳になって読み直しても一年前の日記なんて覚えていないだろう。

 

 拝啓、二十歳の私。元気にしてますか? 19歳の私はたまに落ち込むこともあるけど基本的には元気です。最近は、心理学関連の本を読み直したり、青春小説を読んだり、汚い動画を作ったりしています。二十歳の私は何をしているでしょうか? 今私がやっていることは継続できていますか? それとも何か新しいことを始めていますか? ご飯はちゃんと食べてますか? 彼女はできてますか? 単位は十分にとれてますか? 友人は増えていますか? フォロワーは増えていますか? 賢くなっていますか? 健康に日々を過ごしていますか? というか生きていますか? 

 

 メンヘラ彼女みたいになってしまった。全く未来は見えない。不安ばかりである。だから面白い。はいはい意識高い高い。

 

 18歳と二十歳に比べると19歳はあまり年齢に価値がない。だからこそ、自分の行いで価値のある一年にしたいものだ。ラストティーン楽しんで♡♡

 

日記:春の生存報告

3/1 曇りのち雨 

 三月が始まった。まだ春休みが半分しか経っていないことに気がついて、思わず発狂しかけた。無間地獄に閉じ込められたような気分だ。大学生の春休みは長すぎる。

日記は日常で何かが起こらなければ書けない。最近、日記をあまり更新しなかった。つまりはそういうことである

 

 春というのは私にとって復活の季節だ。

冬の間は本当に元気が出ない。常に気分は憂鬱であり、マイナス思考が続く。誰かと会えば気分は改善されるのだが、大学生というのは本当に予定を入れなければ誰とも会えないので、抑うつ気分をこれまで以上に悪化させてしまった。ストレスのあまり生産的なことをする気分にも、自慰をする気分にもなれなかった。本当に半うつ病である。しばらくはサンシャイン池崎でしか笑えなかったほどである。 

 

 気温が上がるにつれ、テンションも上がってくるというものである。地球に帰還し、ようやく降り立った宇宙飛行士の気分だ。

でも、日記を万全に書くほどの元気はまだないので、ここで終わりとする。残り懲役一ヶ月をいかに有益に過ごすか考えることで暇を潰そう。

日記:批評家の銅像は建たない

2/17 雨 

 久しぶりの雨である。こういう日は読書をするに限る。

 

 動画を作り、ニコニコ動画に投稿すると、コメントという形で、自分の作品に対するいろいろな批評を見ることができる。

「シンプルだけど面白かった」、「面白かった+114514点」、「草」などのコメントを見かけると、とても嬉しく思う。

しかしながら、逆にこっぴどく酷評されることもある。「つまんね」、「この内容なら3分でまとめろ」、「投稿やめろ」などの言葉が寄せられることもあった。細やかな批判なら素直に反省できる。しかし、こういう類のコメントを見かけたときは、まず全裸になり、両手の親指と人差し指で乳首を限界まで引っ張りながら、舌を天頂に思いっきり突き出し、太ももでキンタマを揉みしだきながら奇声をあげつつ家の中を猛ダッシュするようにしている。

次こそは! という気持ちに切り替えることが何かを作る上では必要だ。そのためには奇行も辞さない。気持ちを切り替える手軽な奇行としては、やたらと長いカタカナ語を連呼するという方法がある。コンスタンティノープル!! コンスタンティノープル!!

 

 奇声をあげながら、批評するということについて考えた。芸人しかり、漫画しかり、何にでも批評家はいるもので、的確な指摘を飛ばしたり飛ばさなかったりしている。

でも、そのような優れた観察眼を持ち合わせている批評家が偉いかと言われると、そうではない。『進撃の巨人』の実写映画の脚本は有名な映画批評家が務めたらしいが、散々この映画は叩かれていた。失敗したのは明らかだろう。いつもは批評している人が、こっぴどく批評される側に回るというのも皮肉な話だ。

さらに、「クリエイターの像は建つが、批評家の像は建たない」という悲しい名言もある。言われてみれば確かにそうだ。銅像が立つほどの批評家というのを私は一人も知らない。

 

 それでも私たちは批評家になってしまう。コンテンツだけならまだしも、悲しいことに他者の人間関係や行動まで批評してしまうことが多々ある。そこからガラガラと日々の平穏が崩れることもあるだろう。

それでも、批評は進歩を生むので、なかなか無視するわけにはいかない。私個人に対する厳しい批評も、渋い顔をして受け入れようと思い始めている。暴言には奇声で対抗だ。

 

 最近まで、批評する側だった私が批評される側に回った結果、おちおち声高々に批評することができなくなった。もうPPAPがつまらないだの、ブリゾンちえみの面白さがわからないなんて言えないよ! こちらとしては「面白くないものをブームにすることができるか」という社会実験に巻き込まれている気分だ。

しかし、製作者ならではの利点もある。何度コメントでボロクソに言われても、私が諦めずに技術の向上に励むことができれば、もしかしたら銅像が建つかもしれない。

時は2100年、某駅の改札前。両手の親指と人差し指で乳首を限界まで引っ張りながら、舌を天頂に思いっきり突き出し、太ももでキンタマを揉みしだきながら奇声をあげつている全裸の男の銅像。彼は今日も、行き交う人々を温かい目で見守っている……。

狂気だ。