きんこんぶろぐ

大学生の私が日々思うことを綴っていくブログ

もっと光を

2/4 晴れ 1ヶ月ぶりのブログ。最近は卒論の修正をちまちま進めたり、本や論文を読んだりしている。 1月の終わりから新型ウイルスが話題だ。街中を歩いている人に明らかにマスク姿が増えたのを見ると、感慨深いものがある。海を越えた先の国で起きた、まだ生…

ミニゴミ

1/10 晴れ時々曇り 久々に日記を書く。新しい実験の段取りを始めたり、なろう系小説を書いたり、ドストエフスキーの著作をちまちまと読んだり、新年早々濃い毎日を送っている。 これからは毎週卒論の発表会や口頭試問があるので、その準備をしなければならず…

今年500冊読んだ僕が選ぶ2019年の本10冊

本記事では、大学生の僕が2019年に読んだ中で最高に面白かった10冊を紹介します。 kinkonnyaku.hatenablog.com 去年も同じようなことをしてたんですが、今年はノンフィクションかつ、2019年に出版されたもの、という条件つきでつらつらと感想を述べていこう…

ナラティブに侵される

11/30 曇り 卒論を書いたり、小説を書いたりする予定だったが、結局一日中ダラダラしてしまった。 朝7時に起きて3時間ほどYoutubeで同人音声を漁り、ラーメン屋に行って、それから昼寝をしたら夜の6時になってしまった。 空の色が移り変わる早さに、体と頭が…

バカにできなくなってバカになった

11/23 曇り 卒論をぼちぼち進めたり、小説を書いたり、『アクタージュ』を読んだり。大学生最後の学期を並々のコンテンツ生産性で過ごしている。 生産性のピークは、クソ動画を量産していた大学1年生の冬と、Vtuberをしていた大学3年生の夏だ。 これまで散々…

「走る」という行為を剥奪された“人類”なる愚かな種について

11/12 晴れ 昨日にブラックコーヒーを飲みすぎたのが効いてるのか、今日は一日中テンションが高い。 頭の中で卒論の構想や、小説での登場人物のやりとり、作りたい動画のシーンなどが終わりのない螺旋のように延々と廻り続けている。 ぐるぐるぐるぐる。完全…

汚い妄想は汚いお金で解決させましょ

11/6 晴れ 実験をしたり、妄想を書き留めたり、論文を読み読みしたり、好き勝手にいろんなことをやっている。 今日は朝から久々に芸術的な形のウンチを出産したのでご機嫌だ。一日の始まりに良いことがあると、朝から晩まで気分よく過ごすことができる。 そ…

谷の底

ふと、昔のことを思い出したので書く。 僕が高校生だった頃、言葉にできない、あいまいな関係を築いていた男の子がいた。仮に、ここではYくんとする。 彼は虚弱で、しかも勉強もできなかった。それに加えて、側から見れば根拠のない自信に溢れていて、少し虚…

おっぱい再考

10/22 晴れ ここ数日は実験室に一日中籠ったり、ニフレルに行ったりした。 一気に溜まっていた予定がなくなったので、がらんどうの気持ちでいる。数千万円の借金を返し終わったときにも、きっと同じような心情になるだろう。いや、そこまで追い詰められた状…

間違ってしまった僕らのために

10/16 晴れ 台風の影響で人生初学会発表がおじゃんになってしまったので、ここ数日はモンハンをしたり、本を読んだりしてダラダラと過ごしている。 学会に行くついでに、森美術館の塩田千春展や国立博物館の恐竜博に赴こうとしていたが、機会を逃してしまっ…

拷門

10/1 晴れ 切れ痔になった。 私のウンコはジャック・ザ・リッパーの生まれ変わりだったらしい。脱糞中、ピキピキとお尻を針で刺されたような感覚がしたとき、すべてを悟ってしまった。ジ・エンド。 肛門という器官は凄い。 失って初めて気付くという、あれだ…

地中の天国

9/22 曇り 新学期が始まった。といっても、履修している授業は1コマしかないので、どことなくダラけた日々を過ごしている。 それでも、院ゼミの方にお邪魔させていただくことになったりと、色々と新しいことを始めている。 かつてはネトウヨだったり、アメー…

ザー祭

9/8 晴れ 院試を終えて、安らかな時間を過ごしている。具体的には、モンハンをしたり本を読んだりしている。 いつまでもダラダラしているわけにはいかないので、今日くらいからカンデル神経科学を精読したり、英語のライティングの勉強をしようと思っている…

ぼくのなつやすみ1.41421356

8/29 曇り 院試の勉強を1日に7時間ほどこなす毎日。コンスタントに対策をこなしてきたつもりではあるが、いまいち要領をえていない思いである。合格できるかはわからない。よっぽど臨床寄りの問題が出題されない限りは大丈夫だろう。 最近、勉強の気晴らしに…

やまいだれ

8/16 曇り 台風が過ぎても快晴にならずにいる。「台風一過」とは何だったのか。大昔の慣用句やことわざが現実と当てはまらないのは、いつものことであるが。 ツイッターで“子供の頃の勘違い”がトレンドに上がっていた。 ここだけの話、私は「台風一過」を「…

相談される自分・信用に足らない自身

8/9 晴れ 久々の日記更新。ツイッターで「小論文の書き方をブログにアップする」と言いながら、ブログ自体をまったく更新していなかった。ゼミ合宿に学会の抄録作成・院試の勉強と、様々に忙しかったので仕方ない(ということにしてください)。 そろそろ、…

絶記

7/15 曇りのち晴れ また自転車で思いっきりコケたり、人生で初めてお酒を飲んだり、学会発表の抄録を書こうとしたり、卒論の新しい実験が始まったり、日記を書いていない間にいろいろあった。 なんだか後戻りできないような、疾風怒濤の日々を送っている。ベ…

Your meme.

7/2 曇り なんてことない日常。 「研究の仮説が支持されようがされまいが、自分でデータを集めて初めて、議論の俎上に立つことができる」という大発見をした。その道の人間からしたら当たり前のことかもしれないが、こうして考えると、なんだか物凄く勇気が…

アルファルド

6/25 晴れ 院試の勉強をしたり、ツイッターで適当に呟いたツイートがやたらと人気になったり、そんな変わり映えのない日々が続く。 そろそろ卒論の序論を書き始めたいが、真面目に資料を読んでないので、未だ書けずにいる。 「卒論を書けば、研究や学問全体…

「弱虫モンブラン」の最後の歌詞はエロい

6/19 晴れのち地震のち雨のち曇りのちうんち 怒りの日。 今日も本を読んだり勉強したりして世界の解像度を上げることに励んでいたら、なにかのラインを超えてしまったのか、やたらとイチャつくカップルばかりが目に入るようになってしまった。 「ダメーーー…

自身の研究と社会との接点を考える

6/17 晴れ 実験したり、オープンキャンパスで高校生相手の相談を担当することになったり、いろいろ考え事をしたり。 最近は生活が順調で、なかなか生きているのが楽しい。大学の長期休暇にも毎日図書館へ行って、孤独に読書を続けていた日々が浮かばれるとい…

比較の獣になりたいの

6/3 晴れ 身にならない日々。神経科学の勉強をしたり、英語論文のアブストラクトを和訳したり、それなりに勉強はしているが、何かが好転した実感はない。それでも、こういった行いが積み重なり、振り返れば過去の自分が幼稚に思える日が来ることを知っている…

日記 5/14〜5/16

5/14友達と話して、実験して、寝た。幼少期の頃の自分はどうだったか、みたいな話題が少し出た。 そういや、私は幼少期の記憶があまりない。虫をすり潰して、亀に指を噛まれ、胴体切断マジックに驚き泣き叫んだ。そのような記憶しかない。そもそも記憶がしっ…

恋愛弱者のレゾンデートル

5/3 晴れ 元号が変わったり、実験をやったり、ラジバンダリ。代わり映えのない日々が続く。「こういう一日一日の積み重ねが自分をより良い存在にしてくれるのだろう」という信仰をもって生きていくしかない。 元号が変わって、なにか良いことが起きるのを微…

「意識高い系」は砕けない

最近、「塚本廉」という人物が話題になっている。 どうやら、意識高い系の学生の中で彼はカリスマ的存在として扱われていたらしい。 だが、「日立製作所から東大へ、さらにイスタンブール大学院に在籍し、多くの会社を経営」という彼の語っていた輝かしい来…

憤懣ちんぽ

4/11 晴れ 日記を書くのをサボっているうちに、新元号が「令和」になったり、wowakaが亡くなったりした。 全ては移り変わるし、万物は流転する。 梅田などの繁華街に赴くと、通行人の殆どが100年後には鬼籍に入っていることを考えて、なんだか笑い出したくな…

10101

3/24 曇り時々晴れ 3/11は誕生日だった。 無事、21歳になった。 抱負という抱負もないが、今年は色々と大切な年なので、院試や卒論を上手くこなしていきたい。 最近は実験、バイト、勉強など、さまざまなことで忙しかった。 「日記を3月は出来るだけ書こう」…

アレシボ・メッセージ

3/9 晴れ 今日からipad proで日記を書き始める。「プロ」なので。 小さめのキーボードは、手が大きい私にとって少し扱いずらいが、タイピングの練習だと思って我慢する。 ipad自体、画面のサイズが11インチとコンパクトなので、電車の中など、様々なところで…

受験戦争の非国民

3/3 曇りのち雨 なんと、一か月も日記を書いていなかった。 こんなに日記を書かなかったのは初めてのことだ。 もちろん、記録していないだけで、某大学のポスター発表に赴いたり、卒論の実験を始めたり、様々なことがこの一か月の間にあった。 日記を書いて…

全てがMになる

2/3 曇り 自主ゼミを主宰したり、友人らと猫カフェに行ったり、これまでにないほど充実した春休みを過ごせている。 院試の勉強は継続しねければならないし、卒論のための実験もいよいよ始まるので、これからも大忙しだ。 春休みの間には、抵抗なく英語論文を…