きんこんぶろぐ

大学生の私が日々思うことを綴っていくブログ

絶記

7/15 曇りのち晴れ また自転車で思いっきりコケたり、人生で初めてお酒を飲んだり、学会発表の抄録を書こうとしたり、卒論の新しい実験が始まったり、日記を書いていない間にいろいろあった。 なんだか後戻りできないような、疾風怒濤の日々を送っている。ベ…

Your meme.

7/2 曇り なんてことない日常。 「研究の仮説が支持されようがされまいが、自分でデータを集めて初めて、議論の俎上に立つことができる」という大発見をした。その道の人間からしたら当たり前のことかもしれないが、こうして考えると、なんだか物凄く勇気が…

アルファルド

6/25 晴れ 院試の勉強をしたり、ツイッターで適当に呟いたツイートがやたらと人気になったり、そんな変わり映えのない日々が続く。 そろそろ卒論の序論を書き始めたいが、真面目に資料を読んでないので、未だ書けずにいる。 「卒論を書けば、研究や学問全体…

「弱虫モンブラン」の最後の歌詞はエロい

6/19 晴れのち地震のち雨のち曇りのちうんち 怒りの日。 今日も本を読んだり勉強したりして世界の解像度を上げることに励んでいたら、なにかのラインを超えてしまったのか、やたらとイチャつくカップルばかりが目に入るようになってしまった。 「ダメーーー…

自身の研究と社会との接点を考える

6/17 晴れ 実験したり、オープンキャンパスで高校生相手の相談を担当することになったり、いろいろ考え事をしたり。 最近は生活が順調で、なかなか生きているのが楽しい。大学の長期休暇にも毎日図書館へ行って、孤独に読書を続けていた日々が浮かばれるとい…

比較の獣になりたいの

6/3 晴れ 身にならない日々。神経科学の勉強をしたり、英語論文のアブストラクトを和訳したり、それなりに勉強はしているが、何かが好転した実感はない。それでも、こういった行いが積み重なり、振り返れば過去の自分が幼稚に思える日が来ることを知っている…

日記 5/14〜5/16

5/14友達と話して、実験して、寝た。幼少期の頃の自分はどうだったか、みたいな話題が少し出た。 そういや、私は幼少期の記憶があまりない。虫をすり潰して、亀に指を噛まれ、胴体切断マジックに驚き泣き叫んだ。そのような記憶しかない。そもそも記憶がしっ…

恋愛弱者のレゾンデートル

5/3 晴れ 元号が変わったり、実験をやったり、ラジバンダリ。代わり映えのない日々が続く。「こういう一日一日の積み重ねが自分をより良い存在にしてくれるのだろう」という信仰をもって生きていくしかない。 元号が変わって、なにか良いことが起きるのを微…

「意識高い系」は砕けない

最近、「塚本廉」という人物が話題になっている。 どうやら、意識高い系の学生の中で彼はカリスマ的存在として扱われていたらしい。 だが、「日立製作所から東大へ、さらにイスタンブール大学院に在籍し、多くの会社を経営」という彼の語っていた輝かしい来…

憤懣ちんぽ

4/11 晴れ 日記を書くのをサボっているうちに、新元号が「令和」になったり、wowakaが亡くなったりした。 全ては移り変わるし、万物は流転する。 梅田などの繁華街に赴くと、通行人の殆どが100年後には鬼籍に入っていることを考えて、なんだか笑い出したくな…

10101

3/24 曇り時々晴れ 3/11は誕生日だった。 無事、21歳になった。 抱負という抱負もないが、今年は色々と大切な年なので、院試や卒論を上手くこなしていきたい。 最近は実験、バイト、勉強など、さまざまなことで忙しかった。 「日記を3月は出来るだけ書こう」…

アレシボ・メッセージ

3/9 晴れ 今日からipad proで日記を書き始める。「プロ」なので。 小さめのキーボードは、手が大きい私にとって少し扱いずらいが、タイピングの練習だと思って我慢する。 ipad自体、画面のサイズが11インチとコンパクトなので、電車の中など、様々なところで…

受験戦争の非国民

3/3 曇りのち雨 なんと、一か月も日記を書いていなかった。 こんなに日記を書かなかったのは初めてのことだ。 もちろん、記録していないだけで、某大学のポスター発表に赴いたり、卒論の実験を始めたり、様々なことがこの一か月の間にあった。 日記を書いて…

全てがMになる

2/3 曇り 自主ゼミを主宰したり、友人らと猫カフェに行ったり、これまでにないほど充実した春休みを過ごせている。 院試の勉強は継続しねければならないし、卒論のための実験もいよいよ始まるので、これからも大忙しだ。 春休みの間には、抵抗なく英語論文を…

正しいことだけコンニチワ! アナタとワタシでコンニチワ!

1/27 曇り この間、大学院を目指している人が集まるサブゼミのようなものがあって、そこでプレゼンをする機会があった。 私以外の参加メンバーはみんな臨床心理学を専攻していたので、題材として私は『EFT』というものを紹介した。 EFTとは、エモーショナル…

机上の九龍

1/16 晴れ 久しぶりに京都に行った。 私はたとえ日帰りでも、旅にはなんらかの目的をもって赴くタチの人間である。 無目的に旅行に行くのは、することが途中でなくなるので、あまりしたくない。 今回の大きな目的は、「フォーエバー現代美術館」に行って、草…

現役Vtuber豊川ホウさんに独占バーチャルインタビュー!

バーチャルYouTuber、略して「VTuber」。 Vtuberとは、アニメキャラのような姿かたちの美少女が、楽しくゲームをしたり、配信をしたりするコンテンツです。 NHKでもAIアナウンサーという肩書きでVtuberがデビューしたり、最近ではVtuberを主題としたアニメが…

2019年、20歳、豊富な抱負。

1/2 晴れ 新年あけましておめでとうございます。 西暦で奇数の年は、よほど大きな出来事が起きない限り、偶数の年に比べて印象が薄くなる気がする。 一方で、2019年はラグビーワールドカップが開催され、元号も改められる。 さらには卒論や院試も控えている…

私選この本がスゴい!2018

12/31 曇り 今年もたくさんの本に出会ったので、特に印象に残ったものを紹介しようと思う。 今年は大学一・二年生の頃に比べれば、読むことのできた冊数は少ない。 というのも、通学の時間を誰かと一緒に過ごすことが増えたからだ。 私は本よりは人との会話…

ちゅうちしん

12/30 曇り 2018年も残り少しだ。 年末特有の浮かれた雰囲気が町中に漂っているが、私の心中はそれとは反対に沈んでいる。 ツイッターで才能ある同級生や年下の活躍を見ていると、何だか無性にむかむかしてきたのだ。 まあ、いつもの嫉妬である。 こういう気…

Wish you a 恋人はきっと来ない いつまでも手をつないでいられることをサンタとやらに頼んでも仕方ないよなぁ

12/24 曇り 冬休みが始まった。 学期末のレポートや冬休み明けの発表準備など、するべきことは多い。 特に、統計の授業のレポートは厳しい戦いになりそうだ。 教授に向かって「レポートはRMarkdownで作ってみます!」と高らかに宣言してしまったため、一から…

「好きな人はいるんですか?」ハァ????ヴォエ!!!!

12/16 曇りのち雨 毎週日曜は、小学校にボランティアで行って、子守りのようなことをやっている。 子供が勉強している様子を眺めて、時給1000円。 生来の子供好き(ロリコンではない)とお金が合わさり、最強に見える。 これだから有償ボランティアはやめら…

ぼくらはみんな科学特捜隊

12/13 晴れ 私は子供のころから、『ウルトラマン』シリーズの防衛隊が嫌いだった。 理由は単純で、彼らは無力だからだ。 怪獣が出現すれば戦闘機を飛ばし、それがことごとく撃ち落される。 出会い頭にどういう光線銃を撃ちまくっては、それがまったく怪獣に…

『2025 大阪万博誘致 若者100の提言書』を読んで

11/26 晴れ 『2025 大阪万博誘致 若者100の提言書』というものが、巷で話題になっている。 これは、学生がきたる大阪万博に向けて様々なアイデアを纏めたものである。 私たちは、議論を重ね、5つの「問い」を決めました。 そして、そのテーマを問うための「…

無題11/25

11/25 晴れ 今月は全く日記を書けていない。 あべのハルカスにエッシャーの絵を見に行ったり、女子小学生に「そんな顔でそんなことを言っていたら、いつまでたってもモテないよ」と言われてしまうなど、いくつかのイベントはあった。 それでも、時間はごりご…

アレをこめて紙束を

11/17 晴れ とてもゆったりした休日。 『何もしない』をした。 私は外出をしないと気分が落ち込んでしまう性があるので、喫茶店に来てからこうして日記を書いている。 正面のガラスの向こう側では、制服を着た男女のカップルが互いに身を寄せ合い、指を絡め…

推しなきオタクの挽歌

11/4 晴れ 十一月にあるまじき暖かさ。 この気温で、街がクリスマス用のリースなどで飾られているというのは、なかなか奇妙で面白い。 クリスマスが来るのを嫌がるフリばかりして、これまで二十年生きてきたが、私は聖夜を一人きりで過ごしたことが実は数え…

O

10/24 晴れ 十三夜。 まだ昇りきっていない、山吹色の満月がビル街に映えた。 こういう時にカメラが手元にあればいいのだが、あいにく家に置いてきたままであった。 10万円もした一眼レフは、日の目も月の目も見ることなく、埃をかぶって机の下で眠っている…

なんか暗いねナハトムジーク

10/17 晴れ 睡眠時間が9時間を超えるようになってきた。 明らかにこれは疲れているサインだ。 この疲れが身体的なものか、精神的なものなのかは分からないので、思考停止でぶらついていたら発見した喫茶店に入った。 高層ビルに店を構える喫茶店であり、高い…

短針はママのお腹の中

10/10 雨 カフェ、読書、統計学。 私が最近よく訪れている淀屋橋というのは、大阪のビジネスの中心であり、多くのビルが立ち並ぶ街である。 過去のトラウマを反芻しまくった結果、心が弱りきってしまった今の私には、こういった都市の雰囲気がなかなかに沁み…