きんこんぶろぐ

大学生の私が日々思うことを綴っていくブログ

日記

ぼくのなつやすみー鬼隠し編ー:「ぼくのなつやすみ」と私

7/23 曇り 『「ぼくのなつやすみ」と私』 夏休みが始まった。テストが終わり、レポートを書きまくる日常が続く。 そんな中、関学の女子学生が元カレの背中を滅多刺しにしたり、カナヅチで頭を殴りつけたりという凄惨な事件が起こった。そういうこともあるの…

日記:偉大なるお風呂洗いへの前哨戦

7/4 雨 クソザコ台風がやってきた。ただシトシトと雨が降り続いているだけである。暴風警報は何処へ。 それでも雨の日は嫌いではない。なんとなく、晴れや曇りの日よりも非日常的な感じがするからだ。 空の彼方から雨粒がひたすら自由落下を続け、私の傘にた…

日記:心理学とは?

7/3 曇り 一年の半分が終わってしまった。思い返すと、クソみたいなことしかしていない。次の半年はまともに生きれますように。日頃の行いがクソなので元も子もない。 そういや、レポート代行を始めた。1500文字で3000円の料金設定だ。一攫千金を狙いたい。 …

日記:知恵の暴力

6/29 曇り 暑いわ、雨が降るわで訳がわからない天気が続く。日記に書くようなイベントも起こらずに、日常は吹き荒んでいく。 あえて書くなら、FGOを始めたことくらいだろうか。何もない素晴らしき日々。 知識の暴力というものについて考える機会が最近多い。…

日記:被れば尊し我が帽子

6/24 曇り クッソ暇な休日。やることは多いが、全く進捗がない。しらみつぶしに課題をこなす毎日。なんだかいつもするべき課題が溜まっているような気がする。暇なのか忙しいのか、自分でも分からない。 それでも、パワーを持て余している感じはするので、発…

日記:日記

6/23 曇り 小林麻央氏が亡くなったが、地球は相変わらず回っている。 若くして死んだという事実は、いつまでも不幸として取り沙汰されるだろう。芸能人に対する墓暴きは無くならない。どうか、彼女の関係者たちの心が晴れますように。 そして、私はビジネス…

日記:ふたなりジャッカル

6/19 晴れ 本格的に、心理学や英語の勉強を開始した。自発的に勉強するというのは、やはり良い。充足感と疲労感がいい感じに退屈な日常にテイストを添えてくれる。しかしながら、人と違う勉強を継続するというのはそれなりに辛い。 「耳をすませば」の雫のお…

日記:ボォクは人間じゃないんですぅ本当にごめんなさぁい

6/13 曇り 中芝で写真を撮りあった、以上。予定がなければ、ラインも鳴らない。 今更ネタバラシしておくと、前回の日記でたった一つだけ嘘をついた。それは、「彼女」がそもそも存在しないということだ。O高校というのは大手前高校をモチーフにした。 私がつ…

日記:残像

6/10 晴れ 梅雨入りしたが、二日続けて晴れている。相変わらず暑い。 6月も、あっという間に三分の一が終わってしまった。夏は長いようで短い。為すべきことは為せているだろうか。 まさに「曾子曰く、吾日に我が身を三省す。人の為に謀りて忠ならざるか、朋…

日記:生きた証、西明石

6/1 曇り Macbbokのトラックパッドが故障したので、しばらく修理に出していた。それが帰ってきたので、再び日記を書き始める。と言っても、日常にそれほどの変化はない。プロポーズの言葉コンテストが受賞できなかったくらいである。なんで?(殺意) 西明石…

日記:読書のデメリット

5/23 晴れ 「NO.1に聞け」的なタイトルのテレビ番組で、芦田愛菜が読書家として登場していた。小学校のうちに1000冊読んだという。読書家が推すナンバーワンの本は何か、というインタビューに笑顔で答えていた。いや、俺に聞きに来いよ。小学生と張り合う大…

自省とツイ禁

5/22 晴れ 面倒な事案を起こしすぎた。人生の汚点。おそらく、数日後には忘れているので、ここに自責を書き記しておく。それが重要なことだと思う。心境は最悪だ。 まさしく、今回の事案は私の無作法な退屈しのぎが引き起こしたものである。すべての責任は私…

オミクジ・カタストロフィー

5/14 晴れ 母の日。某氏と京都に行った時に購入した金平糖を母親に贈呈したら、たいそう喜ばれた。もちろん、しっかりと代金はいただいた。私は危機的な金欠なのだ。致し方なし。気持ちだけでも受け取ってほしい。 私はおみくじが好きだ。神社に行くと、大抵…

日記:ヤリサー見聞録

5/6 曇り時々雨 ゴムの日。卑猥な考えしか浮かんでこない。 レポートや資料研究・ドイツ語の課題に追われつつ、なんとかこのハードだった一週間を無事終えることができた。あとは、コンタクトを片目だけ落としてひどい目にあったり、かの彼女持ちイケメン氏…

日記:プロ童貞

4/29 晴れ時々雷雨 大量の課題を尻目に、ナゲットの抽選に応募しまくった一日だった。お陰様で三年分のナゲット無料券を手に入れることができそうだ。このナゲットを利用して偉大になりたい。どうやって? カメラを持って外出したり、スタバの新作を飲みに行…

日記:断捨離だったりラジバンダリ

4/22 晴れ 日記を書くのをしばらくサボっていたが、その間に大学生活を変えうるであろう出来事が数多く起こった。放送部に勧誘されたり、中国語同好会にいつの間にか入っていたり、交友関係が一気に広がったり。 変化は少しずつ日常を蝕んでいくものであり、…

日記:Juggernaut

4/3 晴れ 入学式ラッシュの最終日。熱烈なサークル勧誘に迎えられる新入生たち。春の風物詩である。 今年はまだ桜があまり咲いていない。関学周辺は謎の力が働いて、電柱が地下に埋められているので、桜を綺麗に観ることができる。一眼レフカメラを持った大…

日記:目指せボカロP

4/2 曇り時々晴れ 何事もない素晴らしい日曜日。するべきことは多いのだが、あまりにもそれが積み重なりすぎて、まるでやる気が湧かない。 さらに、西洋人のおっさんに射殺される夢も見たのでテンションも急降下中である。せめておっさんが美少女だったら救…

さようならボランティア

4/1 曇り 新年度の始まり。関学では理工学部などの入学式があったらしい。 ふと、去年の自分を思い出した。当時、入学式当日に焼肉やボーリングに行っている同級生をツイッターで発見して、非常に焦った記憶がある。しかし、今は普通に大学生活を送れている…

日記:世界に架けよう性癖の虹

3/31 曇りのち雨 明日から新年度が始まる。この大学一回生で、自分が成し遂げられたことを考えてみた。 体調が悪くなるほどの量の読書を一年間継続できた。動画が作れるようになった。ある程度は女子と話せるようになった。不登校支援をした。何一つ碌なこと…

日記:二十歳の自分への手紙

3/11 曇り 東日本大震災から6年。私が13歳になってからも6年。6年という期間で世間の全てが変わってしまった。原発は止まったし、SNSがより普及したし、私の身長も30cm近く伸びた。明日にでも寄付にしよう。 19歳になった。思い返せば、18歳は本当に濃い一年…

日記:批評家の銅像は建たない

2/17 雨 久しぶりの雨である。こういう日は読書をするに限る。 動画を作り、ニコニコ動画に投稿すると、コメントという形で、自分の作品に対するいろいろな批評を見ることができる。 「シンプルだけど面白かった」、「面白かった+114514点」、「草」などのコ…

日記:バレンタイン前夜祭

2/13 曇り バレンタイン前日。バレンタインの由来は、聖ウァレンティヌスが婚姻を禁止されていたローマ帝国の兵士達の結婚式を内緒で執り行ったために処刑されたことらしい。彼の処刑日が現在のバレンタインになっているという。 そんなことはどうでもいい。…

日記:ゴキブリジュースのいうとおり

2/12 今日は語呂合わせで「にいに」の日。全童貞が妹萌えというジャンルに感謝して妹キャラを愛でまくる記念日だ。というのは嘘だ。 リアル妹を持っている私からすればサイバー妹は萌えの対象とならない。おそらく姉の場合も同じことが言えるだろう。二次元…

日記:私がブログを有料にしない理由

2/10 自分の製作した動画がyoutubeに無断転載されていた。と言っても、私にコンタクトを取る方法がニコニコからは存在しないので仕方ないのかもしれない。 無断転載が嫌いなわけでも無いので、もししてくれるならどんどん動画を転載してほしい。そうすれば、…

日記:退屈ちゃんといっしょ!

2/3 曇り 節分。 それはともかく、からめるという人気ツイッタラーのネタをパクったら、それなりに再生数が稼げた。オリジナリティが足りない。 ホモビデオ男優ばかり動かせるのには飽きてきたので、機会があればMMDの方に転身したい。そういや、MMDにはR-18…

日記:加速するクソ動画

2/2 曇り 汚い動画を作り始めた。数日間ホモのイキ声を聞きっぱなしなので頭がおかしくなりそうだ。いや、こんな動画を作成しようと思い立った時点で十分にネジが外れているのか。 それにしても、動画制作とは結構悪用し放題の技術ではないか。まったく、タ…

日記:一年前の図書館神話

1/26 晴れ 春休み初日、退屈すぎて腹が立ってきた。あぁ、どこかに刺激的なイベントは転がっていないだろうか。そんなことを期待して外出してみるものの、そうやすやすとイベントが起きてくれれば苦労はしないのである。 「イベントは起こすもの」と言われれ…

日記:働かずに食う

1/21 晴れ トランプ氏が大統領に就任した。スピーチを全文読んだが、グローバリズムの終焉を感じた。イギリスの EU離脱や、全世界の右傾化なども非常に気になる。これからはどんどん閉じた世界になっていくのかもしれない。他文化に対する不寛容は災厄をもた…

日記:眠る狂気

1/18 曇り 風邪をひいた。今年度は私の人生史上最高頻度で風邪をひいている。次回の定期テストまでには完治させたい。体調を崩すと、頭の回転が悲しいほどに鈍くなる。自分の愚鈍さが普段より身に染みて感じられる。 子供の頃は、学校を休めるので体調を崩す…

日記:恐ろしき穀物

1/11 晴れ 日付がゾロ目。なにも書くことのない素晴らしい一日だった。平成が終わろうが、アメリカの大統領が変わろうが、私の日常にはあまり関係がない。 溢れんばかりのパワーを発散する場所を探しに一人で色々なところに赴いたりするが、なかなか刺激のあ…

日記:成人式に行くのが嫌な理由

1/9 曇り 成人の日である。二回生や浪人生が地元の成人式に赴いている。 私も来年には成人式に出席するかもしれないと考えると、自分がここまで年を食ってしまったという事実に愕然とする。 小学生低学年の頃から、私は自分が二十歳になるまでに死んでしまう…

日記:ガチで幸せになる方法

1/5 曇り 図書館が開いたので、早速特攻した。 家と違って、大学は勉強する環境が整っている。読書のペースも三が日の頃より好調だ。本の内容が頭にどんどん入ってくる。脳がスポンジになってしまったような気分だ。もちろん、牛海綿状脳症のように、物理的…

日記:不可視、無知、思考放棄

1/4 曇り 三が日も終わり、社会人が仕事に勤しみ始めた。かくいう私は家で淫夢動画を見ていたり、T-SITEに赴いて本を乱読したりした。大学生というのはまったくご気楽な身分である。しかし、課題には全然手をつけていない。春休みの課題は概念。 T-SITEで、…

日記:みんなろりだった

1/3 晴れのち曇り 人生初神戸。ハーバーランドに行くが何も買わず、南京町はただ人が多いだけだった。 移動時間や食事中、暇になれば知り合いがまだロリやショタだった頃を想像して時間を潰した。しかし、義務教育時に鍛え上げた私の強靭な妄想力を以ってし…

日記:迷走と方向性

有馬温泉にwifiがなかったので昨日の日記を今日になって投稿する。 1/2 曇り 有馬温泉に滞在中である。 有馬の湯は一般に「金泉」と呼ばれている。多くの塩と鉄を含んでいるので、これらの成分により湯が濁り金色に見えることから、この名が付けられたという…

日記:初夢もどき

1/1 晴れ 元旦である。 超長編かつ、グロテスクな夢を見たので、新品のパンツを履いていたが寝起きは最悪だった。初夢がこの夢じゃなくてよかった。 去年の初夢は、黒髪美少女に和式便所でションベンをしているところを観察されるという夢だった。今年も黒髪…

日記:2016年の守り神

12/31 晴れ 2016年最後の日。 今年は世界的な事件が相次いだ。イギリスはEUから離脱し、ドゥテルテは人権の無意味さを世界に知らしめ、トランプは勝利し、ヨーロッパの各地でテロが相次いだ。連日騒がれる芸能ニュースがいかに矮小か、これらの事件は示して…

日記:前前前俺

12/30 曇り時々晴れ 12年ぶりに、通っていた幼稚園を訪問してみた。 そのまま入るとただの不審者になってしまうので、離れたところから敷地を眺めてみた。昔遊んでいた飛行機の形の遊具が撤去された以外は、あまり変わっていなかったのが逆に意外だった。 し…

日記:花は枯れず

12/27 雨のち曇り 数ヶ月ぶりに須磨海浜水族園に行ってきた。水槽で悠々と泳いでいる魚を見ていると、何故だかわからないが、自分の行く末だとか死についてだとか深刻なことばかり考えてしまう。気分は沈むばかりで、全くリフレッシュにならなかった。 それ…

日記:オタク再考

12/26 曇り 何も日記に書くことがないような素晴らしい1日だった。でも日記は書く。忙しい時には日記を書く元気が無く、退屈な時には日記を書く体力が有り余っているというジレンマ。 あまりにも書くことがないので、金沢に下宿している友人が『オタク』につ…

日記:寂しいクリスマスを過ごさないために

12/25 クリスマスである。 ハロウィンの後、街は即クリスマスムードに移り変わり、その甘ったるい空気もようやく今日で終わる・・・と思ったらすぐ後ろに正月が控えていた。 近年になって、ますますイベントの間に息継ぎをする暇がなくなっているような気が…

日記:ひとりぼっちの戦争

12/24 曇り いよいよクリスマスイヴである。非モテ男三人衆でカレーを食べに行ったり、大学で勉強したりと、これまでの人生で一番充実したクリスマスイヴだった。 「クリスマスまでに彼女を作る」と宣言して早3ヶ月。時間の流れはあまりにも早すぎた。少なく…

日記:大学生は自由なのか?

12/23 晴れ いよいよクリスマスである。 自分の英語力の低下にショックを受けたので、勉強を再び始めることにした。大学受験ぶりに、英語の長文をバカ真面目に読み、分からなかった単語をノートに記録していった。 大学に入ってからの勉強は、受験に追い立て…

日記:私のフェチズム

12/13 雨 寒い日が続く。 雨の日というのは、やたらと小難しいことを考えてしまう。人間の本性だとか、周囲の人々の心情を邪推してみたりだとか、とにかくいろいろなことを考える。 このようにして様々なことをずっと考えていると、色々な物事が嫌になってく…

日記:バグる脳

12/9 晴れのち曇り 最近、よく脳がバグる。 自分の名前が一瞬わからなくなったり、後から見れば簡単な英単語でも、スラリと発音することができなかったりする。こういった日常的な間違いの他にも、微妙な言葉のニュアンスを言い間違えたり、致命的なド忘れを…

日記:生き恥

12/7 晴れ 「逃げ恥」というドラマが巷で流行っているらしい。略称せずに言えば、「逃げるは恥だが役に立つ」というクソ長いタイトルになる。初めて聞いた時はラノベ新刊のタイトルかと思った。 私はあまりドラマを見ないタチなので、詳しいことは知らない。…

日記:あの日からの人災

12/5 晴れ 父親の勤めている某電力会社があの日以来、久しぶりにボーナスを出した。未だに我が家族は、あの日から東電の尻拭いを受け続けている。あの日が自分の誕生日と同じなので余計にタチが悪い。 原発のせいというよりは、某電力会社は東電とは別会社な…

日記:変わらないもの探してた

11/23 久々の日記。急に日記を再開したからと言って、何か特別なことが起こったという訳でもない。平凡な日常である。 勤労感謝の日だろうが何だろうが、そこまで日常に劇的な変化は訪れないものだ。大学生になってから、あまり祝日にありがたみを感じなくな…

日記:学祭恐怖症

11/3 晴れ 今日は人文演習のレジュメを印刷がてら、学祭に赴いてみた。結果、とても疲れた。 ほんの3時間、しかもほとんどの時間は日陰で過ごしていたのに、ここまで体力が減るとは思わなかった。今もヘトヘトになりつつ、ようやく図書館に逃げ込んで、日記…