読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きんこんぶろぐ

大学生の私が日々思うことを綴っていくブログ

日記:前前前俺

12/30 曇り時々晴れ 

 12年ぶりに、通っていた幼稚園を訪問してみた。

そのまま入るとただの不審者になってしまうので、離れたところから敷地を眺めてみた。昔遊んでいた飛行機の形の遊具が撤去された以外は、あまり変わっていなかったのが逆に意外だった。

しかし、全体的に小さい。幼い頃は飛び降りるのを躊躇していたコンクリート塀が、今の私の腰ほどの高さしかなかったことが衝撃的だった。当たり前の事だが、もう二度と幼稚園児には戻れないのだと悟ってしまった。

 

 最近、過去の災難に悩ませ続けられている。

恥ずかしい思い出、言葉の言い間違え、誤字したツイート、これまでの日記、これらが定期的に頭の中でフラッシュバックする。

寝る前の、なんとなく暇な時間に1日の失敗を思い返して反省してみるのだが、前よりも改善している様子はない。我が身を三省してみても、過ちなく生きることは不可能かと思われた。

しかしながら、もし過去が存在しないとしたら、と考えてみることも多くなった。

 

 例えば、人の細胞は6年で全て入れ替わるという。そうすると、6年前の私、さらに12年前の私、18年前の私は全くの別人ということになる。

この3人が共有しているものは何もない。顔も、体も、性格も、経過時間とともに変わってしまっているからだ。かろうじて記憶という名のヒモで繋がれているのみである。

そのヒモも、片方の先端は解けて、漠然とした形をしている。もう片方は今も組み上げている最中である。かつ、そのヒモには、私が全く経験していないであろう出来事も、不純物として混じっている。

そもそも、このヒモも現在の私が大切に保管しているだけであって、実際に過去から組み上げられてきたという保証はどこにもない。現に、私たちの世界は五分前に生まれたということを反証することは非常に難しい。私たちは記憶を頼りに、「過去は存在する」と信じるしかない。

 

 ここまで書いて煮詰まった。まるで考察が足りない。前前前俺から実質私は進歩していないようだ。深夜なので考えがまとまらないということもあるので、早めに寝るとしよう。