読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きんこんぶろぐ

大学生の私が日々思うことを綴っていくブログ

誰でもできる!10000RT—はじめに

誰でもできる!10000RT

 皆さんこんにちは。金こんにゃくです。

 

 私は高校生の頃、「〆まんなん」というニックネームでTwitterをしていました。

 このアカウントは、最盛期にはフォロワー80000人を超え、毎週のようにうん千・うん万という凄まじいRT数のツイートを連発していました。全ツイートの累計RT数は25万を優に超えています。

そのほかにも、フォロワーさんに200枚以上オリジナルキャラクターのイラストを書いてもらったり、1000人ほどのユーザーの団体の団長をしていたこともありました。まさに若気の至り、チ○毛の至りです。当時の私はTwitterに青春を捧げていたようなものでした。

 

 しかし、受験戦争の波に飲み込まれ、Twitterガチ勢を続ける気力を無くした今では、「〆まんなん」のアカウントがネットの大海に寂しく浮かんでいるのみです。いつの間にか団体は解散し、私のアカウントは皆に忘れ去られてしまいました。私の青春は塵と化したかと思われました。

 

 それでも、私の脳内にはTwitterガチ勢時代のノウハウだけはこびりついたままでいます。

このノウハウを無駄にはしたくない。私の青春を価値あるものにしたい! 

そこで私は思いついたのです。「私の青春で生み出してしまったこのロクでもないノウハウを後世に伝えよう!」と。

 

 正直、先に述べておきますが、ツイートが何RTもいったところで身元に一銭も入りませんし、彼女ができる訳でもありません。自己愛・承認欲求が満たされるくらいしか利点はありません。これは私が過去に痛いほど経験したことです。

さらに、データは正確なものを使用するために尽力しますが、『ノウハウ』という通り、以下の方法を実践したとしてもツイートが100%伸びる保証はありませんし、科学的な根拠もありません。偏見とステレオタイプもわんさか盛り込んでいます。

 

 これらを踏まえてなお、「人生に一度はものすごい数のRTを経験してみたい!」と考える人に、この雑記を見てもらえれば幸いです。もし、全て読んでもらえることができたならば、100%とはいかなくても、プロ野球選手の打率よりはツイートがヒットすること間違いなしです。それだけの自信が私にはあります。10000RTのホームラン目指して、みなさん頑張っていきましょう。

 あ、あと不定期更新です。

 

 全体の流れとしては以下のようになっております。変更等はあるかもしれませんが、大筋以下の通りで進行していきます。

 大きく分けて、基礎知識編・実践編・応用編の三部で論じます。

 基礎知識編では、Twitterとはそもそもどのようなサービスなのか、数多くのRTを獲得するツイートはどのようなものなのかといったことを話します。個人的見解から学術的な研究まで参考にし、広く深くTwitterとはどのようなシステムなのかを説明します。

 実践編では、基礎知識を踏まえていざツイートをする段階に移ります。どのようなアカウントがいいか、文体はどうすればいいかなど、RT数の多いツイートがどのように生まれるか話します。ここは完全な経験談です。自分のツイートを引用したり、他人のツイートを紹介したりしながら論じます。

 応用編では、私が多用していた小手先の技術を話します。綺麗なテクニックから、ドス黒いスキルまで、丸裸でお送りします。パクツイ・炎上なんでも御座れの『汚いTwitter』をご覧あれ。

 

 さて、それでは早速基礎知識から話していきましょう。あなたのTwitterライフに幸多きことを願って。