きんこんぶろぐ

大学生の私が日々思うことを綴っていくブログ

日記:二十歳の自分への手紙

3/11 曇り 

 東日本大震災から6年。私が13歳になってからも6年。6年という期間で世間の全てが変わってしまった。原発は止まったし、SNSがより普及したし、私の身長も30cm近く伸びた。明日にでも寄付にしよう。

 

 19歳になった。思い返せば、18歳は本当に濃い一年だった。18歳最初の頃の私は自分がこの一年で3000冊以上本を乱読するとは思っていなかっただろうし、動画投稿を始めるとも考えていなかったし、女子とある程度はまともに話せるようになるとは想像できなかった。一年で人は自分の予想以上に変わる。プラスしかりマイナスしかり。

 

 子供の頃に「二十歳の自分への手紙」というものを書いた人はおそらく多いだろう。たいていの人は、卒業アルバムの後半に載っていたりするのかもしれない。

あいにく、私の小中学校にそのような風習はなかったので、私は未来の自分に一回も手紙を書いたことがない。

なので、今書こうと思う。二十歳になって読み直しても一年前の日記なんて覚えていないだろう。

 

 拝啓、二十歳の私。元気にしてますか? 19歳の私はたまに落ち込むこともあるけど基本的には元気です。最近は、心理学関連の本を読み直したり、青春小説を読んだり、汚い動画を作ったりしています。二十歳の私は何をしているでしょうか? 今私がやっていることは継続できていますか? それとも何か新しいことを始めていますか? ご飯はちゃんと食べてますか? 彼女はできてますか? 単位は十分にとれてますか? 友人は増えていますか? フォロワーは増えていますか? 賢くなっていますか? 健康に日々を過ごしていますか? というか生きていますか? 

 

 メンヘラ彼女みたいになってしまった。全く未来は見えない。不安ばかりである。だから面白い。はいはい意識高い高い。

 

 18歳と二十歳に比べると19歳はあまり年齢に価値がない。だからこそ、自分の行いで価値のある一年にしたいものだ。ラストティーン楽しんで♡♡