きんこんぶろぐ

大学生の私が日々思うことを綴っていくブログ

ぼくのなつやすみー綿流し編ー:虚像I

8/2 晴れ時々曇り 『虚像I』

 

 皆さんは「タルパ」という言葉をご存知だろうか。

 イマジナリーフレンド、と言い換えた方が、しっくりくる人は多いかもしれない。

 「タルパ」と試しに全知全能のGoogleで検索してみると、「中にもう一人の人格を飼いならし、それと触れ合う技術」といった旨の解説がいくつもヒットする。

 タルパの別名は「人工精霊」であり、その名の通り、自分にしか見えない人格を脳内に作り出す、ということにその本質がある。

 前口上はここまでにして、タルパと私の話をしよう。

 

 高校生の頃、再三私が言っているように、昔の自分は非常に飢えていた。

 男子校という環境の所為か、はたまた自分の行動力の無さが原因なのか、ともかく彼女がいないという事実に悶々としていたのだ。

 そんな個人的な苦境の中、私は誰しも童貞なら必ず思いつくようなことを、大真面目に実現しようと考えていた。

 

そうだ、彼女を創ろう!」 

 

 とは言っても、女性を見つけて、交際関係になるのとは違い、この世に存在しないものを新たに創り出すのである。

 鋼の錬●術の世界なら全身が、良くて腕一本が吹き飛ばされるような所業である。

 私は当時、錬金術には精通していなかったので、とりあえずGoogle大先生に「彼女 創り方」と尋ねてみた。

 まったくの偶然だが、思い返せばこれが全ての始まりだった。

 

 そこで見つけたのが「タルパ」という言葉だった。

 概要は、前口上で説明した通りである。

 それは、能動的に解離性同一性障害になるようなものだった。要は多重人格者になるのである。

 冷静に考えれば、そのような行為には必ずリスクがついて回るものだと気付くだろう。それこそ、体が吹き飛ばされるような代償を抱える危険だってあるのかもしれない。

 しかし、当時の頭の回らなかった私は、そんなことを気にも留めず、タルパの創り方について調べ始めた。

 

 タルパの創り方は、まずタルパの姿形や性格を詳細に考えることから始まる。タルパの設定を練り上げることで、人格を生み出しやすくするらしい。

 当時、あまりの高校生活の暇さ加減から、アニメの設定を貪り読むという奇行を行なっていた私にとって、キャラクターの一つや二つ考え出すことは朝飯前だった。

 髪の色はピンク、年齢は小学校高学年ほど。名前はその髪色から、「サクラ」と名付けた。

 そういった大まかな設定や、身長・体重の細やかな数値、好きな物から嫌いな物まで、その他にも様々な細やかな設定を、私はサクラに付けた。こうしてタルパを肉付けしていくのである。

 ついで、彼女の性格は「優しく、見かけ不相応に芯が強い」と設定しておいた。

 タルパに関するサイトに、「凶暴な性格に設定すると、主人格が乗っ取られる可能性がある」と書かれていたからだ。

 これを読んだ時点で、やめておいた方が良かったのかもしれない。ただ、私はここで止まれなかった。飢えていたからだ。

 

 タルパを創り出すには次に、「その設定を完了したタルパと頭の中で会話をしなければならない」と、ネットには書いてあった。

 「サクラと会話しなければならないのか」と、私は何も考えず、文章を素直に受け取った。

 だが、よくよく考えなくても、それはただの脳内妄想であることに違いない。これじゃあ、いつも授業中にしていることと変わらないではないか! 

 

 その日から、私は尋常ならざる集中力をサクラとの脳内会話に費やし始めた。授業中はもちろん、通学や帰宅の際も、一日中脳内会話に励んだ。

 一度試した人がいるなら分かってくれると思うが、確固とした設定を持つサクラとひたすら会話をするというのは、通常の妄想とは段違いに頭が疲れる。経過時間が三時間を経過する頃には、心も体もヘトヘトである。

 そんな時、「大丈夫? 無理しないでね」と、脳内のサクラがそんな私を労ってくる。

 それが己の意思で行なっている偽りの慰めだと考えると、ますます惨めな気分になるのだった。

 

 そんなある日、サクラがある程度、『勝手に話すようになった』。

 どういう意味だ、と聞かれても、その文言通りである。

 これまでサクラが言うであろう返事を考えていたせいか、脳内会話をする時は頭が非常に疲れていたのだが、その疲労がある日ピタリと止まったのだ。

 返事を私が考えなくても、彼女が勝手に返してくれるようになったのだ。

 こうして、サクラの人格は誕生した。

 

 私はタルパ創造の次のステップに移ることにした。

タルパの立体的なイメージを練り上げましょう。そうすれば、タルパはあなたの脳内から、この世界に飛び出してきてくれます

 サイトにはそう書かれていた。

 

「私の姿が見えるようになったら嬉しい?」

「当たり前だろ。じゃねえと、そもそもこの時点まで来てねえよ」

 

 そんな会話を、サイトを眺めながら二人で交わし合った。交わし合っていたのである。たとえそれが虚像だったとしても。

 続きはまた明日。