読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きんこんぶろぐ

大学生の私が日々思うことを綴っていくブログ

日記:加速するクソ動画

日記 考え事

2/2 曇り 

 汚い動画を作り始めた。数日間ホモのイキ声を聞きっぱなしなので頭がおかしくなりそうだ。いや、こんな動画を作成しようと思い立った時点で十分にネジが外れているのか。

それにしても、動画制作とは結構悪用し放題の技術ではないか。まったく、タチの悪い趣味を新たに手にしたものだ。映像を作れるようになるというのは結構なメリットだと思う。友人達の結婚式のムービーを製作するときにこの技術をフル活用しよう。クッソ汚い結婚式になりそうだ。晴れ舞台こわれる。

 

 「ちょっと技術の進歩が早すぎるのではないか」と思うことが多々ある。最近驚きだったのは、LINEのサービスが開始したのがたった6年前だったという事実だ。今ではLINEを使っていない人は間違いなく相対的に不便する社会になっている。一つのサービスがたった6年でうん億人に普及するような現象が人類史上起こったことがあっただろうか。

さらに、かのSnowが日本で登場したのはたった一年半前である。今では日常的に、うさ耳だのなんやらを付けた自画像を皆がSNSに投稿していたりする。肖像権を自分から危うくしていくスタイル。もっと言えば、SNSが登場したのは10年以内のことである! 

 サービスの普及スピードも凄いが、人間のサービスに対する適応力もなかなか凄いものだ。

 

 素人がたった四日間パソコンに向き合うだけで、ある程度はオリジナルの動画を作ることができるようになったのも、ここ数年のことである。あらゆるソフトが初心者用に改良され、アップデートの度に利用者が増えていく。それがネット社会の凄さであり恐ろしさでもある。

技術力が均等に一般人に行き渡る分、発想がより重視される社会に変わってきていることは間違いない。私が10時間かけてウンウン唸りながら動画作成したとしても、インパクトに欠ければ動画は伸びないのだ。短い再生時間で多くの再生回数を獲得する。発想勝負の動画が、ランキングを見ていると増えているように感じる。一発屋量産の波はテレビだけでなくネットにも押し寄せているのだ。

テレビという巨大なメディア怪獣が一発屋芸人・オカマタレント・美形の俳優を食い散らかしていると同じように、ネット民という妖怪もホモビデオ男優・演技の下手なネット声優・統合失調症の患者などを貪っている。まだ食べられる食品が大量に廃棄されるのと同じように、多くのネタが吟味されることなく大量消費され、忘れられていく。

 

 ネタの大量消費の先には何が起こるのか。現実世界に照らし合わせるなら、リサイクル志向の高まりだ。その前兆は既に現れている。

少し昔にヒットしたコンテンツ(涼宮ハルヒレスリングシリーズなど)と、現在のコンテンツの合成が行われ、人気を呼びつつある。私が本気で多くの再生数を狙うなら、古ぼけたアニメを引っ張り出してきてホモビデオ男優と合成でもするだろう。視聴者に無理やりにでもネタの吟味をさせてやればいい。

もしくは、最新のコンテンツ同士の融合。実際に、恋ダンスをホモビデオ男優に踊らせた動画が何十万再生もされている。「世も末だ」とつくづく思う。いったい誰が、ホモビデオ男優がネットの人気コンテンツになると想像し得ただろうか?

 

 クソ動画を作るのにも頭を使わなければならない時代である。しかし、クソ動画をウーザーが作れるようになるには、かなりの人数の天才達が頭を使わなければ成し遂げられなかったことでもある。パソコンを1から組み立てるより、クソ動画を作る方がとても楽なのは言うまでもない。天才達に感謝して、明日もクソ動画を生産しよう。

誰でもできる!10000RT—基礎知識編その4:感情を喚起せよ!前編

誰でもできる!10000RT

 今回はRTされやすいツイート、その中でもなんらかの感情を刺激するようなツイートを、実例を交えながら説明します。伸びるツイートのほとんどは感情を喚起する要素を含んでいると言っても過言ではありません。では早速、喜び・悲しみ・怒りといった感情の説明から始めていきましょう。

 

○そもそも感情とは?

 

http://2.bp.blogspot.com/-Rz17gnty2LE/V_4cUrhVjaI/AAAAAAAA-zE/HIY2HEWSGxY2ElvkyNX5h4g60W0p0Gs1QCLcB/s800/joucho_fuantei_man.png

 「感情」と一言で言っても、ちょっと曖昧で捉えづらい概念ですよね。思わず吹き出してしまった時に『面白い』、胸がザワッとして涙が出てくることを『悲しい』、頭に血が上って攻撃的な行動を起こしたくなることを『怒り』と呼ぶことを直感的に私たちは知っています。

ところが、実際は感情を取り巻く環境はもっと複雑で、自分が自分自身の感情を把握できていないということも多々ありますし、複数の感情が絡み合った心境に陥ることもよくあります。

なので、ここでは暫定的に感情を「ヒトなどの動物がものごとやヒトなどに対して抱く気持ちのこと」と定義しておきましょう。大真面目に感情について語ると、それだけで分厚い本が一冊書けてしまいます。まだ解明されていないことも多いですしね。

 

○感情を喚起するツイート

 私が投稿した最近のツイートを例に挙げます。まず、このツイートをご覧ください。

 

 

 まあ、私が有馬温泉に行ったということがダイレクトに伝わってくる素晴らしいツイートですね。

しかし、お気に入り数は他のツイートに比べて見劣りします。それはなぜでしょうか。考えるまでもありませんね。このツイートにはなんの面白みもないからです。ツイートを見かけられても、「ふーん、有馬温泉に行ったんだ、ほんで?」としか思われませんし、そこまでツイートを見てくれた人が考えてくれれば上出来で、大抵は誰にも気にされずにタイムラインを流れていきます。中には「ダジャレが寒い」という理由で不快感を抱く人もいるでしょう。こんなツイートがRTはおろか、お気に入りも稼げるわけがありません。

 

 では次のツイートはどうでしょう。

 

 

 先ほどのツイートよりはお気に入り数・RT数ともにマシになっていますね。それはこのツイートが面白みを含んでいるからです。

何が面白いかというと、実際の映画の場面ではキャラクターが龍の少年と宙を舞いながら涙を流しているという幻想的な感動シーンを、一気に「コンタクトがずれている」という日常的な場面に引き戻し、涙をコンタクトに見せてしまうというマジックをかけているからですよね。このツイート自体が、千と○尋の神隠しのテレビ放送直後にされたという時事的な要素も強いかもしれません。

ともかく、このツイートは面白み、つまり見るものに感情を喚起させています。タイムラインで、もしフォロワーがこのツイートを見かけたら少なくとも半数くらいは間違いなく「面白い」と思うことでしょう。「面白い」と思わせることが、ツイートを拡散させる原動力となるわけです。

ここまで、自分のツイートの面白みを解説するというクッソ寒いことをしてきましたが、自分で自分のツイートの面白みを語れるということ、結構重要ですよコレ。自分さえ面白いと思わないものが人に面白いと思わせられる訳が無いですからね。

 

○面白いツイート

 一番RTを稼げるであろう感情は「面白い」でしょう。ところが、「面白い」というのは結構厄介な概念で、様々な要素を含む多義語となっています。爆笑する面白さ、シュールな面白さ、興味深いの面白さなど、色々な面を持ち合わせています。だからこそ、多様な「面白い」を掛け合わすのがヒットツイートを生み出す秘訣となってきます。

 

 

 

 例えばこのツイート。このツイートは他国の美しい姫君でフォロワーの注意を引きつつ、最後に失礼ながらそこまで可愛くない我が国の姫君をオチにすることによって、面白さを生み出しています。「皇室の方を笑うのは非道徳的だ」という前提と、「ブサイクは下賤だ」という前提のせめぎ合いが否が応でもユーザーにこのツイートを拡散させる力となります。ネットという場では簡単に人の道徳心は崩壊するので、非道徳的な面白さを狙うのも一つの手です。

 

 

 

  さらにこのツイート。駐輪場のマークを子供が勘違いして、マークに沿って自転車を置いたという点が笑いを誘います。これはほのぼの系の面白さですね。ツイートの裏にとあるストーリーが見え隠れするというのは、ツイートに注意を向ける有効な手段の一つです。ツイートを見た者に想像力を働かせると、そのツイートが拡散される可能性がグンと上がります。

ここでは二つツイートを紹介しましたが、要はツイートを見た者に注目させればいいのです。ツイートが伸び始めれば、ツイートのお気に入り数・RT数それ自体が、ツイートに注目させる良い素材となってくれることでしょう。

 

○感動系ツイート

 続いての感情は「感動」です。「感動」という言葉は読んで字のごとく、「感情」が「動く」と書きますね。ツイートを見た者を「感動」させるためには、面白いツイートよりも、一層ストーリー性が重要となってきます。

 

 

 例えばこのツイートです。このツイートでは、ぽたぽた焼のおばあちゃんが時代が経つに連れ、ぽたぽた焼を作ることを辞めてしまったという背景が見え隠れすることに、ノスタルジーを感じるという仕組みになっています。ツイートを見る者に哀愁を抱かせるというのも一つの手でしょう。

このツイートと同じような部類では、田舎の美しい風景を撮影したカメラマンのツイートがRTされるものなどがあります。懐かしい・美しい風景自体がツイートを見た者に拡散させる効果があるので、カメラを持っている人ならいくらでもRTをされるポテンシャルを持ち合わせているのではないでしょうか。

あと画像編集技術も必要です。カメラで撮影した風景をさらにノスタルジーなものに仕上げてやりましょう。ツイートを見た人はノスタルジーの過剰摂取によって、もれなくヨダレを垂らしながらRTボタンを連打することでしょう。

 

 感動系ツイートにはその他にも、動物関係(ただし可愛い動物に限る)と人が繋がった感動ストーリーを創作してiPhoneのメモ帳に書き込み、それをスクショして画像ツイートとして投稿したりするものや、祖父祖母(生きていても死んでいても構わない)との感動ストーリーを創作して投稿するといったものがあります。恋愛脳の若者に狙いを定めて、カップル同士の思いやりを主題にしたストーリーを投稿するのも断然アリです。どっかの小説からネタをパクってくるのも良いかもしれません。

決して、感動を創作することに罪悪感を抱いてはいけません。なぜなら、私たちが感動している物事のほとんどは既に誰かの創作なのですから……。次はあなたが誰かを感動させる番です。

 

 長くなったのでここで一旦区切ります。次回は怒り・驚き・悲しみなど、人間のマイナス感情を利用した伸びるツイートを紹介していきます。マイナス感情は人間の根本的な感情です。ぜひ、この強力なパワーを活用していきましょう。

 

○参考文献

https://www.amazon.co.jp/感情心理学-入門-有斐閣アルマ-大平-英樹/dp/4641123888/ref=pd_sim_14_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=YEP0JJ21ZAEFAG26P0MD

 

https://www.amazon.co.jp/千と千尋の神隠し-スタジオジブリ絵コンテ全集%E3%80%8813〉-宮崎-駿/dp/4198614393

日記:一年前の図書館神話

日記 考え事

1/26 晴れ 

 春休み初日、退屈すぎて腹が立ってきた。あぁ、どこかに刺激的なイベントは転がっていないだろうか。そんなことを期待して外出してみるものの、そうやすやすとイベントが起きてくれれば苦労はしないのである。

「イベントは起こすもの」と言われればそれまでだが、起こす対象が見つからないので、余計に憤懣を腹の底に積もらせている。この症状はまさしく妄想欠乏症に違いない。病状が悪化すると最悪死ぬ。

 

 久々に一年前の日記を読み返した。一年前といえば、ちょうど私が関関同立の試験日を前にして暇を持て余していた時期だ。「あーもう余裕すぎるわー明日試験でいいわー」とのたまっていた頃だろう。結果的に同志社に落ちたと知っている今、私が過去の自分に向ける言葉も無い。受験生の諸君はベストを尽くそう。

ともかく、日記を読み返したくらいしかイベントがなかったので、去年の日記を原文そのままで載せそうと思う。書くネタが無いということはまったく不幸なことだ。

 

1/26 曇り、晴れ。 

 妄想不足が続く。こうして入試直前になって日記を長々と書き続けるのは余裕である証である。

 私は大学生になると図書館に入り浸ることを心に決めている。”図書館神話”という昨日私が創り上げた神話がある。全知全能の図書館を司る神が男女の仲を引き合わせようと恋愛の神の真似事をして、様々なことに四苦八苦するという神話である。

 そんな神が本当に実在するかはさておき、図書館は数奇な出会いの場である。本に手を伸ばすと、同じ本を手に取ろうとした黒髪の乙女と手が触れ合ったり、「いつもこの場所で真面目に勉強してますね」と亜麻色の髪の乙女に声をかけられたり、様々な手垢のベタベタに付いた出会いのパターンがある。

 しかし、それらには美男子に限るという注釈をつけておかなければなるまい。私の目的は美女と図書館で出会うことではない。体の外側まで滲み出る知性を得て、容姿をカバーし、美女と出会うことだ。「風が吹けば桶屋が儲かる」の精神でいこう。これこそが真なる”図書館神話”である。神話崩壊の日は近い。

 

 以上である。いかがだろうか。

現在の私から言わせてもらえば、体の外側まで滲み出る知性を獲得したところで余計に人相が悪くなるだけであり、容姿をカバーできるわけではない。美女とも出会えない。

更に言えば、私が今日読んだ「神と科学は共存できるか?」のような本を手に取るような黒髪の乙女はこの世に存在しないし、もし、亜麻色の髪の乙女が実在するならば、それはただ髪を染めているだけだ。数奇な出会いなど絶対に起こらない。知らぬうちに、未熟だった頃の私の”図書館神話”は完全に崩壊していた。

正直この日記を読み返すまで、自分がこのような不純な動機で図書館に入り浸るようになったとは夢にも思っていなかった! 気がつけば今の私は本を貪り読む非モテのナニカになってしまった。黒髪の乙女も亜麻色の髪の乙女も、今となっては胡蝶の夢である。

 

 こうなってしまっては、漏れ出す知性を生かすしかない。知識を総動員して黒髪ロング美少女のホムンクルスを創り出そうか。材料は水35L、炭素20㎏、アンモニア4L、石灰1.5㎏、リン800g、塩分250g、硝石100g、硫黄80g、フッ素7.5g、鉄5g、ケイ素3g、その他少量の15種類の元素だ。なんだか身体の全部を失いそうな展開になってきた。

 

誰でもできる!10000RT—基礎知識編その3:『伸びる』ツイート・画像ツイートと文章ツイート

誰でもできる!10000RT

 今回はRTが多くなるツイートについて話します。

当たり前のことですが、いくら会心のネタを呟こうがRTが3桁を超えることは非常に稀です。逆に、「えぇ、こんなツイートが伸びるのか・・・」と困惑することも多々あります。

この差はどうして生まれてしまうのでしょうか? その答えは、ツイートがどのような特徴を持っているかを考えることで浮かび上がってきます。

 

○ツイートは『伸びる』もの

 まずはこちらのツイートをご覧ください。

 

 

 

 このツイートは私がRT数を最も稼げたツイートです。この記事を書き込んでいる現在、RT数は73714、いいね数は53422、ツイートの閲覧数は約873万にものぼります。このツイートを呟いた時、初めの数分で100RTを超え、私はとてつもないRT数を予感したものです。

RTされる勢いは衰えることなく、ピーク時には100RT/分のペースでRTされました。ツイートは伸びるものなのです。伸びれば伸びるほど、多くの人がこのツイートを見て、さらにRTされます。こうして、このツイートは一大メディアに匹敵するほどの閲覧者を得ました。

では、一体どのようにしてこのツイートは伸びていったのでしょうか。

 

○ツイートの伸び方

 伸びるツイートというのは、初めの数分から勢いのあるものです。最初は、自分のフォロワーの中でツイートの共有が起こります。フォロワー内のどれだけの人が自分のツイートに反応するかということが、スタートダッシュをうまく決めることができたかどうかの判断基準になります。

時間が経つにつれ、ツイートの共有は自分のフォロワーの枠を抜け出し、フォロワーのフォロワーへ、そのまたフォロワーへ・・・といった形で広まっていきます。一度ツイートが勢いを持つと、一日は止まることがありません。倍々ゲームでRTが増加していきます。

中でも勢いが目に見えて増すのは、「クラスタ」という同趣味の人たちで固まったコミュニティにツイートが入り込んだ時でしょう。「クラスタ」の人たちはもともと仲間内で情報を共有することに何の抵抗も持たない人たちですから、皆RTすることがさも当たり前かのようにRTしてくれます。例えば艦これクラスタに入り込むと、RTの通知が艦これのキャラクターのアイコンで埋め尽くされることが多々あります。島風の顔がずらっと並んでいる光景は壮観です。

ツイートは深夜や、昼間をまたぐと勢いが減少しますが、その時間帯を乗り越えると再び伸び始めます。人気ツイートはこのようにして、Twitterユーザーの大半が目にして飽き始めるまで伸び続けるのです。

 

○画像・動画ツイートと文章ツイート

 伸びるツイートには、短い文章と面白みのある画像・動画が添付されているものと、文章だけで構成されたもののふた通りのパターンがあります。

 

 画像・動画ツイートは人気ツイートのほとんどを占めるものです。Gifもこのカテゴリに含みます。大抵は笑いを誘うものや、見る者を感動させるようなものが添付されています。以前は画像ツイートがほとんどでしたが、最近、添付できる動画の時間が2分30秒に延長されたことで、動画が添付されたツイートが急増しました。

これら画像・動画ツイートの利点は視覚的にダイレクトに訴えることができ、誰にでも面白みが分かりやすいという点です。誰にでも分かりやすいということは、ツイートを伸ばす上で重要な要素であると私は考えています。でなければ、大勢の人にツイートが共有される確率が極端に低くなるからです。画像・動画ツイートはこの点において文章ツイートよりもアドバンテージがあると考えても良いでしょう。

欠点としては、FF外からクソのような受けを狙ったつまらないリプライが送られてくるといったところでしょうか? 通知欄が大喜利大会になること間違いなしです。

 

 文章ツイートは文章だけで相手に大きなリアクションを与えることを狙う、なかなかに高度なセンスの必要なツイートです。

 

 

 私も、このツイートぐらいしか文章ツイートで4桁RTまでこぎつけたものがありませんでした。文章ツイートでRTを稼ぐには、よっぽど貴重な経験をするか、妄想力を駆使して嘘体験談を書き込むか(滑ると恥ずかしい)、優れた観察眼で物事を批評しなくてはいけません。その分、一度コツを掴めばいくらでもヒットツイートを量産できるようになるでしょう。その成れの果てがアルファツイッタラーと呼ばれる人たちです。

また、リプライが大喜利合戦になることが少なくなることもメリットの一つです。その代わり、体験談に便乗した隙あらば自分語りしてくるようなクソリプや、どうでもいいような意見をねじ込んでくるクソリプが通知欄に溢れかえりますけどね。ファッッッッッッック!!!!!

 

○あなたの嗜好に狙いを決めて

 「誰にでも分かりやすいツイートの方が分かりやすい」と先述しましたが、逆にあるクラスタの中でしか分からないようなネタをぶち込むといった方法もあります。この方法は人口の多いクラスタ(ex:艦これ・刀剣乱舞・ラブライブアイドルマスター・東方などなど)に効果的です。

クラスタというものは、ぶっちゃければ内輪での結束がやたらと硬いので、そこにエサ(ツイート)を投入してやれば喜んで貪って(RT)くれます。もし、あなたが彼らの安定的なエサ係になれたなら、クラスタの崩壊が起こらない限り、半永久的にヒットツイートを連発することができるでしょう。キャラクターの絵が描けるなら、崇拝されること間違いなしです。

 

 今回はここまでです。今回はツイートの伸び方、大まかなツイートの分類について話しました。次回はさらに細かなRTされやすいツイートの分類について話します。キーワードは『感情を喚起する』です。

 

○参考文献

ないです。

日記:働かずに食う

日記 考え事

1/21 晴れ 

 トランプ氏が大統領に就任した。スピーチを全文読んだが、グローバリズムの終焉を感じた。イギリスの EU離脱や、全世界の右傾化なども非常に気になる。これからはどんどん閉じた世界になっていくのかもしれない。他文化に対する不寛容は災厄をもたらすと思うが・・・。

 

 働きたくない。

最近になって、ますます働きたくない欲が増してきた。社会不適合者としての素質が急速に芽生えつつある。友人たちのように毎日のようにバイトに赴くことはもちろん、就職活動もしたくなければ、どこかのビジネスアカウントのように空き時間を利用することすら面倒臭いと思っている。けれども、うまい飯にはありつきたい。

「働かずに食う」とは私の夢の一つでもある。「働かざる者食うべからず」ということわざもあるが、そんなものは社畜のエサにでもしてしまおう。

 

 現代日本においては、生活保護を受けるという選択肢がある。毎月ハローワークに顔を出すだけで十数万円がもらえる素晴らしい制度だ。この制度を受けて、最底辺のセーフティネットをハンモック代わりにうたた寝するのもいいかもしれない。農場暮らし以上のスローライフが満喫できるだろう。

ただ、毎日が退屈そうだ。実際、某掲示板には「シコってたら一日が終わった」だの、「朝起きて2chして寝るだけの生活」だの、どうしようもない受給者の声が多数上がっている。贅沢言うようだが、こうはなりたくないものである。

 

 次に、最低限働くという手段がある。ほとんど働いていないような生活、食うためだけに働くような暮らしをすれば、働かずに食っているのと変わらない。

そこで原始的生活だ。例えば、ベネゼエラのヤノマモ族は一日に2.8時間働くだけで生活している。これは日本の平均実質勤務時間である9時間の約1/3である。勤務内容は採集・狩猟のみである。これほど楽な暮らしはない。確か、縄文時代の日本人も同じような生活をしていたと聞いた覚えがある。食料が簡単に手に入る豊かな環境があれば人は生きていくのには困らないのだ。

しかし、この方法を持ってしても、私の欲のために原始的な生活を送りたくない理由が発生する。その理由とは、「原始的生活では現代文明に入り浸れないから」ということだ。

まず、豊かな地域は人口密度が恐ろしいほど低い。そうでなければ、採集といった不安定な方法で十分な食料を確保することはできないからだ。人口密度の低下は人々の交流を減少させる。その結果、モノ・アイデアの交換が行われず、身の回りの何もかもが進歩しない。現に、大昔にタスマニアに移住した人々は、このような状況に晒されたために移住前よりも技術が退化したという例もある。豊かな環境に対する依存は停滞を生むのだ。

また、豊かであるがゆえに、熱帯圏に住む人々は、高緯度の地域に住む人々に技術的な遅れをとったという説もあるくらいだ。年間の温度差が激しいなど不安定な環境では、安定して食料を得るために人々が集まり、農耕を始める必要性が生じる。人が集まればアイデアは乱行を始める。そして、より高度な技術が産声をあげるのだ。

原始的生活を行うことは、文明の産物と永久に別れを告げることを意味する。残念ながら、私は電子メディアなしには生きていけない体なので、採集生活を送ることは出来ない。電柱のそびえ立つ町で暮らしていきたいのだ。

 

 私のわがままを突き通した結果、働かずに食うというのはやはり難しいということが判明した(当たり前だが)。

より現実的な解決策は、働くということを何とも思わないようになることだろう。勉強することを何とも思わないような人々が東大の試験に合格するように、仕事を淡々とこなしていければ、それは幸せなことだ。働くことが楽しければなおさらである。

結論、ストレスなく働くことが働かずに食う方法。矛盾。

 

日記:眠る狂気

日記 考え事

1/18 曇り 

 風邪をひいた。今年度は私の人生史上最高頻度で風邪をひいている。次回の定期テストまでには完治させたい。体調を崩すと、頭の回転が悲しいほどに鈍くなる。自分の愚鈍さが普段より身に染みて感じられる。

子供の頃は、学校を休めるので体調を崩すのが好きだった。いつから私は風邪を忌避するアクティブな人間になってしまったのだろうか。

 

 最近、人間同士の争いをよく見かける。朝の電車で、ある日の教室で、ある時のネットで、私の行く先行く先で争いごとが起こっている。まったく、ロクでもない巡り合わせだ。どうして、そこまで忙しく諍いを起こせるのか純粋に疑問だ。こういう争いを見かけるたび、人間のハード的な面はここ数千年変化していないのだと厭に感じられる。

 

 ルワンダ虐殺をご存知だろうか。

このジェノサイドは、アフリカのルワンダという国で、多数の貧しいツチ族と比較的裕福なフツ族の間で起こったものだ。

元々は断続的に続いていた紛争だったのだが、フツ族の大統領が暗殺されたことから虐殺は始まった。ツチ族フツ族は双方とも疑心暗鬼に陥り、互いを殺しあった(といっても、裕福なフツ族の一方的な虐殺だったが)。

犠牲者は50万〜100万人の間だと言われ、数字が正しければルワンダの人口の1,2割の人口が消し飛んだ計算になる。そもそも、犠牲者が多すぎてまともな統計ができないという状況だ。

この虐殺でのエピソードは目を覆いたくなるようなものばかりだが、個人的に一番ショッキングだったのが

ツチ族の親が、自分の子供を親しくしていた隣人のフツ族に預けたら、次の日には殺されていた」

といったものだ。「人間は状況によって簡単に他者を殺し得る」という事実が残酷なまでに伝わってくる。

 

 このような虐殺はいかにも大昔の事件のように思えるだろうが、実際に、1994年に起こったものだ。ほぼ現代である。生物学的に自分たちと同様な人間が、ごく最近に、この愚行を行なっていたという事実に恐怖する。「人間は状況によって簡単に他者を殺し得る」とは、まさに私たちにも当てはまることだろう。私はその鱗片を日々感じ取っている。

現に今も、フィリピンでは警官が権威を盾にして麻薬中毒者という肩書きの付いた、れっきとした人間を撃ち殺している。中には免罪で射殺された人も多いと聞く。何のためらいもなく他者を殺せる素質は、間違いなく私たち全員に眠っている。

 

 駅ですれ違う私立通いの小学生や、しおれたサラリーマンや、品のない笑い方をする女子高生にも、人を殺す能力があるのだといざ考えると、何とも言えぬ形容しがたい不思議な感覚になる。この凶悪な素質を眠らせることのできる日本社会のありがたみは、こういうことを考えた時になって初めてわかるのだ。

といっても、1960年代の学生運動や、1995年のオウム事件などで、時々ある程度の数の人たちにこの素質が芽生えてしまうのが玉に瑕だろう。何となく、オウム事件の主犯格に高学歴が多かったことを思い出した。

 

 近頃は人に殺される夢ばかり見る。必死に抵抗を試みるのだが、いつも最終的には殺されてしまう。そして目覚め、自分にも人殺しを再現できる素質があることを、否が応にも認識させられるのだ。

悪しき素質を眠らせたままでいられるかどうかは、社会だけでなく、自分自身にもかかっている。

どうせ夢で殺されるなら、せめておっさんに殺されるんじゃなくて、美女に絞殺される夢を見たいなぁ・・・。

 

誰でもできる!10000RT—基礎知識編その2:欲望渦巻くSNS

誰でもできる!10000RT

 今回は、Twitterという社会の中で渦巻く『欲望』について話します。

Twitterを含むSNSがここまで成功した背景には、人間の『繋がりたい』『承認されたい』という欲望があります。いつでもアプリを開けば誰かと繋がることができ、自分が投稿をすれば誰かからのリアクションが返ってくる。他者との繋がりや、他者からの承認を得ることができるのがSNSの大きな特徴です。

数あるSNSの中でも、Twitterはこの二つの欲望を満たすための機能に特化しています。二つの欲望を知ることで、ユーザー同士がどのように結びついているのかを知ることができるでしょう。

 

○『繋がりたい』という欲望

 まずは『繋がりたい』という欲望について説明します。

 第一に、人間は社会的動物の一種です。他の社会的動物にはサル・犬・アリなどが挙げられます。社会性動物は、基本的に一個体だけで生活することは不可能だと言えるでしょう。なぜなら、一個体の上位システムとして社会が存在している現状、社会の助けを得ることなしに個体が生存することは非常に難しいからです。

人間を例に出せば、もう既に社会に属している両親や助産師・医師の助けでこの世に生を受け、学校で社会の仕組みを体感的に学び、大人になる頃には立派な社会の構成員の一員となります。

一見、孤独に見える不登校児やホームレスも、社会に属していると言わざるを得ません。なぜなら、不登校児は社会の誰かが生産した食料・道具と生活し、ホームレスはどこで炊き出しが行われているか、集めた缶はどこで売れるかといった情報を誰かから入手しているからです。真に人間が孤独になるのはこの世を去る時のみです。

もの・情報は人間を介して社会の中で網目状に広がっています。むしろ、網目状に広がった人間同士の相互作用こそが社会と呼べるものでしょう。社会の実態とは、人間同士の繋がりそのものなのです。

 

 生きていく上で他者と繋がることが不可欠な以上、人間は他者と『繋がりたい』という欲望に駆られます。SNSの登場以前、私たちは現実世界で接している以外に、他者のことを気にかける必要はありませんでした。一人でいるときに、気軽に他者と繋がることのできる道具が存在していなかったからです。せいぜい、今よりもはるかに手間のかかるインターネットと、電話やメールくらいしかありませんでした。メールには既読機能など無いので、SNSほど他者の繋がりを強力にすることはありません。(それでも、メール依存症なんていう言葉が誕生していたり、返信をする時間などで人間関係の駆け引きをすることはありましたが)

 

http://3.bp.blogspot.com/-HbBGNj1rD2s/VyNdoMRK9cI/AAAAAAAA6Oo/GuyCErDSBxYzIYGNjionH20EJJrIrTRLwCLcB/s800/smartphone_chudoku.png

 

 ところが、スマートフォンの普及や、SNS・メッセージアプリの誕生で私たちの人間関係の様相は大きく変わりました。これらの新しく生まれた道具は、人間関係を極限まで繋げることのできる多くの機能が仕組まれていました。各SNSのタイムラインはいつでも自分と繋がっている人の様子を確認することができ、LINEの既読機能は「すぐ返信しなければ」という必要を創り出しました。こうして現在のベッタベタな人間関係が誕生したわけです。

SNS・メッセージアプリは『繋がりたい』という欲望をうまく刺激しました。そして、人間の繋がりはもう一つの『承認されたい』という欲望も駆動し始めたのです。

 

○『承認されたい』という欲望

 人間の『承認されたい』という欲望は、アメリカの心理学者アブラハム・マズローが提唱した『欲求段階説』の四段階目と一致します。

 

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/38/3d/f1743b5943352abcd4e20c8f0fd3676d.png

 マズロー欲求段階説では、人間の欲求は

1.生理的欲求 (Physiological needs)

2.安全の欲求 (Safety needs)

3.社会的欲求 / 所属と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging)

4.承認(尊重)の欲求 (Esteem)

5.自己実現の欲求 (Self-actualization)

の五段階で、数字が小さいほど原初的な欲求だといった風に並べられています。

第一、第二欲求はスマートフォンを得ることができる状態で既に満たされています。

次の第三欲求は、『繋がりたい』という欲望そのものです。他者と繋がることで、自分が集団に属しているという感覚を得ることができ、次の承認欲求を得る段階へと移ることができます。

 

 承認欲求とは、自分が集団から価値のある存在だと認められ、尊重されることを求める欲求のことです。SNSはこの欲求を満たすことにとても長けています。

趣味のアカウントを持っている人を例にします。これらのユーザーは、フォロワーが増えるにつれ『クラスタ』と呼ばれる集団に次第に属していきます。艦これクラスタ・刀剣乱舞クラスタなどが最近勢いのあるクラスタです。クラスタ内では、その趣味に応じたネタや、イラストが高く評価されます。また、虚構のキャラクターの誕生日を祝ったり、趣味について多くを共に語り合うことで互いに承認しあいます。

クラスタに属していないユーザーも、大抵は現実世界での友人たちと相互フォローの関係にあるので、互いに日頃起きた出来事について共有し合っています。互いの生活をリアルタイムで確認しあえることが、承認欲求を満たすことになるのです。

 

 共通の趣味や現実世界での友人関係を元にユーザーたちはSNS上で繋がりあい、〇〇大学・〇〇ファンといった集団に属し、互いの投稿にリアクションを起こして承認しあいます。

今やスマートフォンはいつでも友人に接触することのできる触手として機能していると言えるでしょう。触手はフォローすることでどこまでも伸び、絡み合い、じっとりと互いの身体を這うことで承認の快楽を貪るのです。

 

 なんかエロくなってきたのでここで今回は終わります。次回はいよいよ、今回と前回で書いたことを踏まえて、RT数の多いツイートの特徴へと迫っていきます。

 

 余談ですが、Twitterには裏垢というシステムがあります。

要はプライバシーを守るための機能である鍵垢を利用した、互いに親しい人だけで相互フォローが構成されたアカウントのことです。

このアカウントもRTさせる対象として考慮してしまうと、ツイートするのがにっちもさっちも行かなくなるので、この連載では裏垢の存在についてはあまり考えません。トピック的な形で裏垢について触れることはあるかもしれません。

 

○参考文献

 

https://www.amazon.co.jp/ネット社会の諸相-飯田良明/dp/4762025364

 

https://www.amazon.co.jp/承認をめぐる病-斎藤環/dp/4535984018