きんこんぶろぐ

大学生の私が日々思うことを綴っていくブログ

地震、6/18

6/18 曇り時々雨

 

 阪急電車の車内でこの記事を書いている。

 

 先頭の車両から避難誘導が始まっているらしいが、先行きの見通しは立たない。

 この後、近くの駅に移動してどうするか、ということすら、わからない。

 私もこれで立派な帰宅難民である。

 東日本大震災の時、多くの人が困った理由がよくわかった。

 

 「地震はいつか来るもの」と少しの心構えはして来たつもりだったが、いざ地震が起こると何をすればいいのかわからない。

 ペットボトルの水を買って、家に持ち帰ることぐらいしか思いつかない。

 その帰った先の家でさえ、食器棚が倒れたりと無茶苦茶である。

 

 家族全員が無事なことだけが、不幸中の幸いである。

 生きていれば、なんとかなる。

 

 

 ここからは、友人宅で書き上げた文章である。

 とりあえず、今の所は電車の運行状況や、その他諸々の情報を考慮して、家に帰るかどうか考えようと思う。

 余震の危険性は未だにあるし、これから本震が来る可能性も否定できない。

 地震が起きてしまったことは仕方がないので、ちっぽけな私にできることは、「この状況でどう動くか」と考えることのみである。

 

 これから二週間程度は防災意識を高めていこう。

 私が地震で亡くなった後に、このブログの記事がメディアに引用されないことを祈りたい。

 

 自然に比べてあまりにも矮小な私たちにできることは、万全を期すことのみである。

 

 状況が変わり次第、これからも再びブログを更新する。