読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きんこんぶろぐ

大学生の私が日々思うことを綴っていくブログ

日記:運命を考える

9/24 曇り 誰もが主人公になりたがる世の中である。皆、運命やら奇跡やらを求めてそこら中をウロウロしている。 かくいう私も運命というものにすがりたくなる時がある。 しかし、運命というものが仮に存在するとしても、それが本当に役に立つのだろうか? そ…

日記:神話化するアニメ

9/23 曇り 今、アニメ映画が熱い。 最近、「聾の形」というアニメ映画が流行っている。さらに、「君の名は。」の興行収入が今日になって100億円を突破した。 私も色々なアニメ映画を見に行ってみたいものだ。だが、映画を見てはそれの内容を小難しく考えてし…

日記:幼女の夢

9/22 曇りのち雨 去年、この時期に書き込んだ夢日記を読み返した。去年の自分を夢という観点から振り返ってみるのも面白いと思ったからだ。 9/18 ロリ五人に抱きつかれ、小学校の校内を堂々と闊歩する夢。 9/24 慶應義塾大学に合格する夢。 9/28 暗い路地裏…

日記:恋の始まり、童貞の終わり

9/21 曇り 新学期スタート。彼女を今学期中に作ると高らかに宣言してしまった。その後、考えれば考えるほど自分の将来に暗雲が立ち込めているのが見えた。 フランスの哲学者アランは著書『幸福論』で「不幸になるだけなら椅子に座っているだけで十分である。…

日記:台風一貫

9/20 雨 台風到来。この日記を書き込んでいる午前7時現在、大阪全域に暴風警報が発令されている。おそらく授業はないだろう。 そもそも、初回授業にそこまで真面目精神をむき出しにしてまで出席するのは実利的ではないような気がする。 無論、必修課目に出席…

日記:語ることの難しさ

9/16 曇り 統合失調症の患者からみた世界とはどのようなものなのだろうか。彼らは自分の思考が誰かに盗み聞きされていると盲信し、陰謀論に傾斜し、自分が正常であると強く思い込む。 彼らからすれば、私たちは国家権力に操られている木偶人形なのかもしれな…

日記:「忘れる」ということについて

9/15 曇り 今日は中秋の名月である。しかし、雲に隠れて月は見えないだろう。暗き夜に雲の向こうで満ち足りている月のことを想う。 忘れるということは本当に辛いことなのだろうか? と近頃考えている。 誰もが我が身を振り返ればすぐにわかるように、私たち…

日記:おっぱいについて

9/13 雨 気がつけばノートパソコンに書き込んである日記の文字数が10,000字を超えていた。1日あたり1000字のペースである。作文用紙に換算すると2枚半、こう考えると、なかなかの文字数を毎日書き込んでいるものだなあとしみじみする。これだけ考える題材の…

『君の名は。』時系列作りました

「君の名は。」の時系列がわかりづらいといった声が多かったので大まかなものを作成しました。ストーリー理解・考察のお役に立てば幸いです。 紀元前387年頃 糸守付近にティアマト彗星の破片が衝突、クレーターができる。宮水神社のご神体が何者かによっ…

初投稿

語ることがツイッターの140字じゃ収まらないことが増えてきた。 そもそも私の語ることに意味などあるのか?根本的なところから理解できていないような気がするが、個人的に思うことが増えてきて、それが溜まるにつれて徐々に腹の底が疼くような感触がするよ…